φ( ̄_ ̄;) うーん

ここでは、「φ( ̄_ ̄;) うーん 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は久しぶりに真面目な日記。

鹿児島県開聞町立開聞中学校で、ある教諭が問題になっている。

一年生の美術の時間に生徒に色の種類を次々に言わせていたときのことらしいのだが、
生徒が回答に詰まるとカッターナイフを出して、
「答えられなかったら切ります」と脅したそうである。

カッターの刃を出し、20-30cmの距離で脅したそうだ。

他の女生徒2-3人にも同じ事をしている。

相手は中学1年。教師は39。

いかれている。
これは刑事事件として立件できるレベルだろう。
同じような事件を起こす前に、処分すべきと思う。


最近、いかれた事件が多すぎる。

当然昔も同じような事件はあったのだろうが、やけに目に付く。

幼児にハンマーで襲い掛かる青年。
幼女を連れまわす中年。
祖母を殴り殺す孫。

逮捕されると「ストレスが原因」だの、「幼少期のトラウマ」だの言う。

善悪の区別がつかず、刑事責任能力もないという割りに、
彼らが襲うのは、決まって「弱者だ」。

何も判断できないのに自分より弱いやつだけは判断できると言うわけだ。

彼らのような連中が「ストレス」のせいで前後不覚になり、
歌舞伎町で強面のヤクザに襲い掛かったと言うような事件は聞いたことがない。

ハンマーやナイフを用意していたわりに、殺意もないとか言う。

自分よりでかくて強い奴に食って掛かる度胸はなく、
そのストレスを弱者へ弱者へと向ける。

日本では二人以上殺害しないと死刑にしないという判決の傾向が見られるが、
先日の奈良のような事件を考え、被害者・御遺族の気持ちを察するに、
なお一層の厳罰強化を計るべきだ。

そうでもしなければ、被害者が浮かばれない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。