ディズニー最終話

ここでは、「ディズニー最終話」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カリブの海賊も乗った。

ジャングルクルーズも乗った。

ビックサンダーマウンテンさえ制覇した。

ゴーカートは乗らなかったけど・・。

時は既に午後7時半。

連れ「夜のパレードはどこなのよ(゚Д゚)クワッ

わし「さっさっ!こちらでございまする」

連れ「うむ!苦しゅうない┌( ̄0 ̄)┐

座ってしばしミッキーたちを待つ。

この日初めての並ばなくても歩かなくてもいい至福の時間




神様!もうすこしこのままでいさせてください・・。




能天気な音楽に乗って、ミッキーたち登場。


白雪姫と踊る王子(イケメン外人)や颯爽と踊るダンサー(イケメン日本人)をみて、


連れ「素敵ねぇ♪('- `*)ウットリ


わし「うん、そうだね。

彼はポップコーンの為に並んだりしないが

格好いいし素敵だね」



ここぞとばかりにカメラを取り出し、彼らを撮影する連れ。


30分後、パレード終了。


すかさず買い物を主張する連れと、乗り物を主張するお子。


わし「お土産は任せた!」

連れ「言われなくてもわかってるわよ!(゚Д゚)クワッ

お子はよりによって高度30メートルのグルグル回転系の乗り物を選択。

┐( -"-)┌

あぁ、いいさ。これに乗ったら帰るだけだ。

お土産は連れに任してあるし・・。


30分後、行列もこなし、高度恐怖症も克服して、最後のアトラクションを終了。


アトラクションの出口には、買い物袋を持って満点笑顔の連れ。


わし「さぁ、疲れたね。帰ろうか・・」


連れ「花火が中止だけど、まぁいいわ!」


そりぁ、いいだろう。いいはずだよ・・。




出口付近での会話。



わし「お土産、なに買ったの?」


連れ「お子の友だちにボールペンでしょ~。
         職場の人にキーホルダーでしょ~。
               あたしの友だちにお菓子でしょ~。」

わし「そかそか。いいのあった?」


連れ「( ̄― ̄)(―_―)ウンウン。みんなかわいいのよ~」


わし「で、わしの職場の分は?


連れ「買ってないわよ。頼まれてないからね!(゚Д゚)クワッ


( ̄□( ̄□ ̄;)!!ガーンガーン




自分の身内の分だけかよ・・・_| ̄|○



連れ「いいじゃない。いつでも来られるんだし。」



そうだね。うんうん。

片道2時間かけて、

入場券5500円払って、

なおかつ1人で来る度胸があるなら


いつでも来られるね。


さぁ、帰るか・・。



その夜、ホテルでは深夜壁を殴るような音が響いたと言う・・。

ウルァッ(((((;`Д´)≡⊃I壁

ウルァッ(((((;`Д´)≡⊃I壁




後日談。


連れのお子が学校の友だちにお土産を配る際に、

「今度、ディズニーシーに行ったら、また買ってきてやるよ!」と、言ったと言う・・。

そして、あえてその事をわしに教える連れ・・。



アアア…_| ̄|○ililil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。