さよなら、トゥモローランド・・

ここでは、「さよなら、トゥモローランド・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月としては記録的な真夏日になった4月30日正午、
千葉県の過酷な直射日光に晒され、95キロの巨体を引きずるように歩くわし・・。

首にはプーさんのポップコーンのケース(ハニーポットの形で30cm位)・・。

ちなみに、わし35・・。

わしよ、これでいいのか・・いや、問うまい・・問うべきではあるまい・・
その点には、触れずに生きていこう・・。


トゥモローランドに到着。

連れとお子は、ゴーカートに並んでいるらしく外からは確認できず。


しばし訪れる心の平安。


ふと傍らに目をやると、色々なジュースやお菓子のお店。


以下、脳内妄想・・。

妄想わし「おつかれさま、ゴーカート楽しかった?」

妄想連れ「えぇ、楽しかったわ♪あなたと一緒ならよかったのにぃ♪」

妄想わし「わしはいいのさ。ほら、ハニーチュロス買っておいたよ、お食べ♪」

妄想連れ「え!暑いのにわざわざ私たちの為に買っておいてくれたのぉ?」

妄想わし「当たり前じゃないか」

妄想連れ「あ!あなた。あんなところに素敵なちょうちょが♪」

妄想わし「待てよ♪待てったら♪コ・イ・ツゥ♪」



妄想続く。



よし、ハニーチュロス買っておこう。

アトラクションをでると、ポップコーンとチュロスとジュースを持つわし。

これ以上ない接待ぶり。満点ではないか。

流石!苦労人で末っ子!

気を使わせたらアジア1。


しばし、行列。チュロス購入。しかも2本。連れとお子の分。


連れ発見。


わし「ほら、1時間並んでポップコーン買って来たよ」

お子「わーい♪わーい♪」

連れ「それ、いくら?」

わし「えっ、1100円だけど・・」

連れ「400円って言ったじゃない!(゚Д゚)クワッ」

わし「言ってないけど・・」

連れ「まぁ、いいわ」

そりぁ、いいだろう。いいはずだよ・・。

わし「チュロス買っておいたよ♪」


チュロスを受け取る連れとお子。


一口かじる。


連れ「これ、あげるわ」

お子「ぼくもいらない。ポップコーンがいい♪」

・・・・・。

たしかに・・・たしかに・・・欲しいとは言われてなかったからね・・。

えぇ、別に構いませんとも・・。気になんかしませんとも・・。

食べかけのチュロス2本を手にするわしの傍らには、
ディズニーの地図に見入っている連れとお子。


遠くなる意識、近づく現実感。


傍らのベンチに目をやると、同じ目をしたお父さんたちが・・。


その偉大なる姿。


悟りを開ききったような「澱んだ瞳」


夢の国、ディズニーランド。

未来の国、トゥモローランド。

まさか、こんなところで未来の自分の姿を見ようとは・・。

まさにトゥモローランド。あなどるべからず


連れ「次はトゥーンタウンがいいわね。

  行くわよ!(゚Д゚)クワッ」



わし「待てよ・・待てったら・・ア・イ・ツめ・・」





明日に続く。各方面からの圧力によっては続かないかも・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。