震災3年

ここでは、「震災3年」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災から3年経過した。

「もう」なのか、「まだ」なのか。

母の実家の福島県南相馬市小高区も避難エリア。

あの日は凄まじい1日だった。

寸前に違和感があったかと思えば、パニック寸前の大きな横揺れ。

いつまでたっても揺れが収まらず、家具も倒れた。

もしかして、これで死ぬのかとも思った。

余震も何度も来た。

テレビで津波の情報を聞き、福島に電話しても不通。

スカイプなら通じたが、それも通じなくなった。

30分後の津波。海外経由の電話で掛けたが、もう通じなかった。

日本中が情報を欲しがっていた。

ツイッターにデマと真実が流れ、安否確認をして、夜通しテレビを見たことだろう。

翌朝のテレビの映像は信じられないものだった。

オウム・阪神の震災・911を見た時、これ以上のものを人生で見ることは無いと思ったが、東北の震災はそれを超えた。

死傷者20000。被災者35万。

原発事故が起こり、計画停電。

輪番停電の情報の携帯サイトが無く、徹夜で携帯サイトを作っていた。

あれから3年か。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。