韓国の友人

ここでは、「韓国の友人」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数年、韓国の友人が増えた。

別に韓流大好きでもないし、ヘイトスピーチに参加するほど韓国嫌いでもない。

歴史問題になると、話はこじれ喧嘩になることもあるが、我々お互いが戦ったわけではないので、個人的な諍いで絶交することはない。

話をしていてわかることは、彼らは自国の歴史をよく知らない。

もちろん、我々日本人もそうなのかもしれないが・・。

「第2次大戦で攻め込まれた」という人もいるし、初対面で「従軍慰安婦をどう思うか」と聞かれたこともある。

まぁそういう時は「ライダハンをどう思うか」と間髪いれず応酬しているのだが・・。

原因のひとつは、過剰な競争社会の受験勉強にあると思う。

要は歴史の学習に割く時間が彼らにはないのも一因と思う。



彼らの反感の原因を考えたことがあり、なんとなくこれではないかと言うものに思い当たった。

彼らは独立戦争を経験していない。

常に外国に支配され、先の大戦では日本の支配下で戦った。

共に戦った宗主国・日本が倒れ、戦う相手がいなくなった。

蓄積された敵意の振り下ろす先がない。

かといって中国・アメリカは、巨大すぎて戦う対象にならない。

それが彼らの敵意が日本に向う理由だろう。


苛烈な競争社会と格差、彼らはそれに悩まされている。

財閥のせいという韓国人も多い。

だが、考えると彼らの敵はグローバル化と、外資と思う。

というよりIMFの決定に良く考えもせず従い、その結果、外資に国を乗っ取られたと言っていいと思う。

韓国の大手銀行の外資資本比率は50パー越えも多数だし、日本企業の誘導で育てた企業を外資に渡してしまった。

結果、過度のグローバル化をし、サムソンのようにタックスへブンを利用し、自国に貢献しない企業が増えた。

それを友人に話したが、よくわからないようだったが・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。