何故若者がはまったのか

ここでは、「何故若者がはまったのか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKのオウム事件の番組を見た。

あれから17年もたったのか・・

あの朝のことは、死ぬまで忘れないだろう。

犯行に携わった多くのものは、判決を受け、死刑判決を下された者もいれば、社会復帰した者もいる。

そして報われない日々を過ごし、これからも苦しめられる多くの被害者がいる。




番組では麻原が反社会性を持って、日本に挑戦した経過が描かれていた。

彼は、おそらく悪のカリスマであろう。

しかしながら信徒の若者たちは、最初は悪でなかったろうし、麻原に誘導され、気が付いた時にはもう戻れなかったものと思う。



何故、優秀な頭脳をもった若者があの荒唐無稽な詐欺師の言葉に踊らされたのか。



麻原に宗教法人化を勧めた人物の言葉が紹介されていた。

「宗教には気の弱い人間が集まってくる。あとは取り込んでしまえばいい」という内容であった。

時はバブル期。

そして今はさらに孤独な時代になった。

人ごみの中にありながら、スマホの画面だけに人間関係を求める時代。



何故、彼らは麻原に取り込まれたのか・・このことを解明すべきものと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。