夫売ります 妻売ります

ここでは、「夫売ります 妻売ります」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「夫、売ります」という店が新しくオープンすることになりました。

女性が夫にする男性を選ぶことのできる店です。

入り口に店の案内があり、店の営業内容に関する説明もあります。



店内へのご入場はお一人様一回限りとなっております。 
当店は1階~6階の営業となっており、商品の価値は階を上がるごとに、より良質なものを揃えております。
お客様は各フロアでお好きな商品をお選びいただくか、あるいは次の階へ進むことができます。 
ただし、退場される以外で、一度上の階へ進むと下の階へ戻ることは出来ませんのでご注意ください。




そこへひとりの女性が、望みの夫を探すためにこの店にやってきました。

最初の階のドアの商品案内にはこうありました 。

【1階 ── 仕事を持つ男性コーナー】

彼女は興味をそそられながらも次の階へ向かいました。
次の階の案内にはこう書いてありました。

【2階 ── 仕事を持ち、子供好きの男性コーナー】

彼女は、「悪くないわ、でももう少し欲しいわね」
そう思いながら次の階へと向かいました。
次の階にはこう書いてありました。

【3階 ── 仕事を持ち、子供好きで、イケメンの男性コーナー】

「わお!」彼女は心魅かれながらも、上の階への誘惑には抗しがたく、次の階に向かいました。
次の階にはこう書いてありました。

【4階 ── 仕事を持ち、子供好きで、人が振り返るほどイケメンで、家事を手伝う男性コーナー】

「何てことなの!たまらないわ!」 そう言いながらも5階へ向かいました。
次の階にはこう書いてありました。

【5階 ── 仕事を持ち、子供を愛し、気絶しそうなほどハンサムで、家事を手伝い、心ときめくようなロマンチックな心を忘れない男性コーナー】

彼女はその階に留まろうという誘惑に駆られながらも6階へと足を進めました。
そこにはこんな風に書かれていました。

【6階 ── あなたはこの階の31,456,012番目の訪問者です。 この階には男性はおりません。 この階に来る女性を満足させることは、もはや不可能だという証明のためにこの階は存在しています。 当店へのご来場、誠にありがとうございました。】




あとがき

男女差別の罰則を避けるために、この店のオーナーは「妻、売ります」という店も、向かいの通りにオープンしました。

【1階 -- SEXしたい女性コーナー】

【2階 -- お金持ちでSEXしたい女性コーナー】

現在のところ、3階~6階への訪問者はまだ現れておりません。



(。-∀-)ニヒ♪



The Howlin' 'n' Growlin' of a Werewolf of London  より
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。