どじょう鍋

ここでは、「どじょう鍋」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島の南相馬市の小高区から都内に避難していた親族が、今週福島に戻った。

もちろん避難エリア内の家には戻れないので、エリア外の地区に移った。

どうしても都内の生活に馴染めないからという。

娘や息子や親族が東京にいても、東京にいることが苦痛だったらしい。

かといって福島が安全とは思っておらず、小高にはもう帰れまいと言っている。

1号機のメルトダウンが発表され、3号機もやばいとか、再臨界かなどと言われている事を承知で戻ったようだ。

早い話、死ぬ覚悟とまでは言わなくても、どうせ死ぬなら故郷で友人に囲まれてと思っていることはわかった。




政府が信頼できないという声をよく聞く。

それは大きな被害を出したからではない。

最善のケースと最悪のケースを提示しないからだ。

原発から100キロ圏内は危険です。10年は戻れませんとはっきり言えばいいのだ。

言わないから、戻りたいとなってしまう。



私は親族の福島帰還は愚かな判断と思う。

だが心情を考えれば、否定は出来ない。



おそらく東京でも本当は想定以上の放射性物質は降っていたと思う。

だが、それでも私は首都圏を離れないと思う。

強制なら離れることもあろうが、非常事態宣言でも無い限り離れないだろうし、政府は絶対に非常事態宣言は出さないだろう。


40過ぎていて、妻子も無いから、別に健康も気にならないし、第一タバコをがんがん吸っているのに、放射能を気にしても仕方ない。

以前、癌にもなっているしね。



どじょうだったか・・熱湯にどじょうを放り込むと、暴れて飛び出すという。

しかし、常温の状態から暖め、なべに豆腐を入れておくと、どじょうは飛び出すことは無く、豆腐にもぐりこみ、火が通っておいしく仕上がるという話を聞いたことがある。

徐々に慣れさせていけば、逃げないということだ。



我々が近い将来空を見上げると、土鍋のふちが見える日が来るかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。