他に逃げたいのはわかるが・・

ここでは、「他に逃げたいのはわかるが・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この1ヶ月、反原発の声と共にメタンハイドレートに対する期待の声をよく聞く。

実用化には10年と言われているが、原発への投資を回せば数年で開発できることと思う。

しかし、メタンハイドレートがいいという人は、メタンハイドレートの危険性を知っているのかと疑問である。

メタンハイドレートの危険性は、ある意味で原発を遥かに・・遥かに上回り、暴走したらおそらく人間にはもう止められないものと思う。



ノルウェーの沖には、1000キロに及ぶ地域に巨大な穴が無数にあり、最大なものは直径3キロに及ぶ。

これはメタンハイドレート崩壊によるもので、温かい海水と接したことで大爆発を起こした痕跡だ。

8000年ほど前に崩壊が起こったといわれ、合計3500億トンのメタンハイドレートが噴出し、爆発し続けたものだ。

直径数キロの火柱が海上に立ち上り、数年間燃え続けたものと推測される。

CO2に換算(×21倍)すると73500億トンとCO2が一挙に4倍にも増えて、急激に温暖が進行した。

いま爆発が起きると10年で気温は4℃も上がり、さらに多くのメタンハイドレートが誘爆し、止められなくなる。

ちなみにノルウェーの爆発した際の量は、全埋蔵量の3パーに過ぎない。



これを制御する技術を人間はまだ開発していない。

メタンハイドレート崩壊が起きれば、哺乳生物にとって危機的な状況になると思う。

原子力怖さに、メタンハイドレート開発を急げば、原子力以上に危険である。


全原発廃止が理知的な判断と言えない以上、火力・水力・地熱・風力・太陽発電の効率化を進めつつ、安全な原子力・メタンハイドレートの開発をすべきと思う。

それに原子力を扱い始めて、たかが100年である。

人類は多くの問題を1000年2000年、ものによっては数万年掛けてクリアしてきた。

100年目の挫折で、開発を放棄とは人類に無かった誤った選択である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。