俺はなにを期待していたのか

ここでは、「俺はなにを期待していたのか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私には13年前に別れた女性がいます。

×1で、お子さんが二人いました。

別れた当時は、7歳と5歳でした。

13年経ちました。

この13年間の間、彼女のことを忘れた日はなかったと思います。

今も子供の写真を眺めています。

ネットで生活しているので、何度も検索していました。

もしかして今の生活を・・・元気にしているかを見つけられかも知れないと。



先日、弟の方の携帯のホームページを見つけました。

年頃になっていたので、仲間たちとの交流の場なのでしょう。

リンクをたどり、ミクシィにも参加していることがわかり、ミクシィにはお兄ちゃんも参加していることがわかりました。


顔写真はありませんでしたが、日記を読み、丸坊主で駆け回っていた子供が今ではバイトに勤しみ、元気に幸せにしていることがわかりました。


迷ったのですが、メッセージを送りました。

何時間もかけて自分の気持ちを送りました。

もちろん当時に戻りたいと言うことではなく、大切に思っています・私の力が及ばず申し訳なかったという気持ちでした。


短くですが、返信をいただきました。


また数時間かけ返信しました。

何日もたちましたが返信は頂けませんでした。


彼にとっては、幼少期数年間だけ過ごした見知らぬおじさんなのです。

いたし方ありません。

返信を一度もらえただけで、報われたと思わなくてはなりません。


もちろん当時のように慕ってくれるはずもないとわかっていました。

ですが・・非常につらいです。


私にとっては、彼らは私にとっての家族で、最愛の人なのです。


私は本当に一人きりになってしまったのだと感じます。

受け入れます。

これが私の現実なのですから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。