人とはなんなのだろうか

ここでは、「人とはなんなのだろうか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この2年間、考え続けている。

みんな人が大切と言う。

子供には悪いことはするな、嘘はつくな、迷惑を掛けるなと教えている。

本当に言える資格のあるものがどれほどいるだろうか。



母は、自分がガンで苦しむ間も夫が愛人と過ごしていることを知りながら、もだえ苦しんで死んだ。

父は、母がガンで苦しみ、姉が男性に走り家を出ても女遊びをやめず、今は脳梗塞で廃人同然になり、この先1人きりで死んでいくだろう。

姉は、社長夫人となり自由が丘の一軒家と月50万の生活費を生きがいとして、長女が夫の子供ではないことを23年間隠し続け、偽りの幸せにしがみついている。

義兄は、宮内庁ご用達企業の社長として、周囲の尊敬を受けつつ、私に中国人研修生の書類偽造を命じ、過去には他にも違法行為を行ってきた。

2年前関係を絶った人は、子供がありながら嘘をつき続けた。現在も不倫やらを繰り返し続けている。

昨年までいたネット販売店では、客に嘘をつき続け、不当に利益を今も上げ続けている。



みんな、いい人だ、悪い人ではない。

やっていることは別として。

そしてみんなうそつきだ。

結局、人間は自分のためなら、家族だろうと伴侶だろうと、恋人だろうと友人だろうと、平然と裏切る。

自分のためなら、踏みにじる。


これが真理だろう。



それをしなければ、明日食べていけない、生きていけないと言うなら、それもいいだろう。

もちろん彼らにはそんな心配は不要で、今日も快適に人生を過ごしていることだろうが。


もう人を信じるのは、やめようと思う。

人が大切なのは自分だけ。

そのためにはどんなに手を汚しても平然としている。

「人に嘘ついてはいけませんよ」と言いながら。




私はもう他者は信じない。誰であろうと完全な信頼を与えない。

40にして惑わずとは、よく言ったものだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。