愛情なんて、この程度のものだ

ここでは、「愛情なんて、この程度のものだ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国内の裁判所が調査したところ、夫婦の子供が夫の子供ではないパーセンテージが約10パーセントだったそうだ。

もちろん、これは再婚は含まれてはいない。

夫がわが子と信じている子供の10人に1人は別の男性の子供ということだ。

当然、妻は知っていて、夫を欺いているということだ。

このデータは、疑わしい場合に調査したら、この割合になったということだから、全体なら低下するだろうが、実に興味深い。

悲しい事に臓器移植などの際にばれることが多いそうである。

夫の気持ちは、押して知るべしである。



動物のセイウチはハーレムを作り、多数の雌を保護するのだが、面白いことに子供が彼の子供かというと、やはり高い確率で別のオスの子供だという。

まあセイウチのメスが浮気して、子供は夫に育てさせているということだ。



人も動物も変わらない。



愛というものは、人であれ、動物であれ、信用ならない信じてはいけないものということを実証している。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。