愚かな沖縄県民

ここでは、「愚かな沖縄県民」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に沖縄県民と社民党は救いようが無い。

全国知事会でも見放されているというのに、現実が見えていない。

日本政府と米軍は基地としての沖縄を、手放すことは絶対にない。

これは50年前だろうと、100年後でも変わらない。

仮に日本から沖縄が独立したとしても、米軍に収容されて、グアムのような属州になるだろうし、米軍が手を出さなくても、人民解放軍が抑える。

どの民族が抑えても、沖縄は基地でありつづける立地なのだ。

が、当の沖縄愚民だけがそれを理解していない。


「沖縄、日本は、お前らよりデカイ棍棒持ってますよ」と周辺国に見せる必要は絶対にあるのだ。

憲法9条うんたらとは、単なる理想主義に過ぎない。


沖縄県民は、県のマスコミと、勢力を持つ教員ども、県外からの活動家が、自分たちの味方と勘違いしているようだが、その程度のことがわからないのでは、まさに愚民である。


日本・アメリカ両政府は、何人の沖縄人を犠牲にしようとも沖縄を手放すべきではない。

それが「最大多数の最大幸福」を追求する民主主義のあるべき姿だ。

沖縄県民は、現実というものを、その暑さにやられた脳に叩き込むべきだ。

強制収用で鞭打たれれば、少しは理解できるだろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。