ジュエル乳首事件

ここでは、「ジュエル乳首事件」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペット遺体の廃棄事件を見て思い出したのだが。

10年ほど前のことだが、愛犬ジュエルがまだ子犬だった頃、ペットショップに怒鳴り込んだことがある。

新宿区でも老舗で有名なペットショップで私と出会い、愛犬になったジュエルを、その店に毛のカットに出したことがある。

2時間ほどで戻ってきたら、おっぱいのところにバンドエイドが張ってあった。



「これどうしたの?」

「ちょっと傷つけちゃったみたいです。」



まぁ私も床屋に行けば、髭剃りで切ってしまう事もあるから、その程度と思っていた。

1週間後、もう直ったかなとバンドエイドをはずすと、なんとそのおっぱいの乳首が無い!!

その上、バッテンに簡単に縫っただけ!



おのれ~!

店に行き、ちょっと傷ついたくらいと思ったら、乳首切り落としてるとは何事かと怒鳴り込んだ。

店長が出てきて、御代を返すと言ったが収まるはずも無い。


こんな数キロしかない何も言えない小さな犬が、乳首切り落とされたらどれほどいたいと思う?

金いらんから、お前乳首出せ!切り落としたるわ!

まして正直に怪我と何故言わんのか!

今考えれば、30歳の髪の毛3ミリのガタイのいい男が、40代の店長のおっさんに店頭で「乳首出せ!」と切れまくるのもいかがなものかと思うが、同時の心情としては仕方が無かった。




今回、ペットの遺体を捨てた男が捕まったそうだが・・。

うちのジュエルだったらと思うと、いたたまれない。



ただ捨てられた犬たちの魂は飼い主の側にいると信じたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。