まず石を投げよ

ここでは、「まず石を投げよ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、品格という言葉をよく聞く。

というより品格を求める声をよく聞く。

横綱しかり、ハーフパイブの国母選手しかりだ。

個人的感想を言わせてもらうなら・・。


くそくだらない。


彼らは国民の代表と思えと押し付けているが、彼らは自分の為に戦っているだけだ。

そして求められるのは、結果だけだ。



綺麗事がお好きな方は、結果ではなく過程だという人もおられるだろうが、これは歴史が証明している。


野球にしても、野茂にしても江川にしても散々文句を言われ、野茂などは海外に行く際には通用するはずがないと叩かれたが、成績を残したら途端に手のひら返しだ。

勝手に国民の代表呼ばわりして、へましたら総叩き。


くそくだらない。


レベルの違う話だが、私もレスリングで大会にも出たが、学校の代表などと考えたこともないし、自分が勝つことしか考えていなかった。

ましてや、彼らはプロ。

結果さえ出せばいいのだ。

結果のみに高い報酬が払われる価値があるのだから。


呑百姓根性の抜けない連中が夢を彼らに押し付けて、勝手に希望の星にしているだけだ。

彼らにとって迷惑この上ないはずだ。



そんなに服装の乱れが問題なら、モデルか、髪を73分けにした役人でも送ればいい。

彼らを非難できるほど、心にやましいことが無い人間がどれほどいるというのだ。



娼婦にならざるを得なかったマリアに石を投げようとする人たちに、イエス・キリストが「自分の心の中に、やましいことがない者が居たら石を投げよ」と言うと、一人去り、二人去り、誰も石を投げられなかったそうだが、今の日本人に比べ、立ち去った人々はまだ誇りというものを知っている。

私の義兄は会社をいくつも持ち、会社のパンフレットでは「皆様の為に・・」とうすら笑いを浮かべているが、その食品会社は産地偽装をして、中国からの研修生のタイムカードを偽造し、プライベートでは愛人宅を渡り歩き、妻である姉は生活費さえ入れて贅沢させてくれればいいと笑っている。

多少の違いはあるにせよ、聖人などいない。



国母選手は死力を尽くして勝てばいいのだ。

彼がメダルさえ取れば、美談だけの勝てないモーグル選手など問題にならない。



100年後名前が残るのは勝者だけだ。

国母選手には、メダルを取って、カメラに向かい中指を突き立てて欲しいと願う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。