バケツの中身

ここでは、「バケツの中身」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、生活が充実している。

真面目なサラリーマン生活もなんとか身に着きつつあるし、
帰宅してからもネットのサイト作成などの仕事もある。

戸惑ったり、時折怒ったり、笑ったりしながらも、
周囲と人間関係を築きながら、何とか世の中を渡っている。

昔の私なら、「それがどうした!アホかっ!」と小馬鹿にしたことだろう。

当時は現在の5倍以上の収入があり、好きなことばかりしていたし、
消費にとりつかれて、遊びほうけていた。

ネットであるシステムを構築して、遊んでいても金は入ってきていたから、
真面目にコツコツなど小馬鹿にしていたものだ。
人生の絶頂期だと確信していた。

大病をして、生きるか死ぬかを味わい、縁あって現在の職場へと辿り着いた。

最初は当然不満だらけで、ふてくされていたが、
現在では幸せだと感じている。

人間関係も以前のようにぎすぎすしたものではないし、
自分という者を以前に比べると、晒す事が怖くなくなっている。

今では収入もがた落ちで、給料日を待ちわびるしがない勤め人だが、
平穏な日々の価値と言うものを味わう毎日を送っている。

大病をきっかけに、ほぼ全ての収入を失い、これ以上ないだろうというようなどん底を味わった。



「明日・・いや・・今夜、どうやって生き延びよう・・」


そんなひりひりするような焦燥感の薄ら寒さは、
忘れようとして忘れられるものではない。



我々は皆、バケツを持っている。

あるものは財力をバケツに入れ、あるものは愛を入れ、またあるものは知恵を入れている。

なにかしらをバケツに入れ、生きている。

問題はそれを何に使うかだろう。

昔の私のように亡者のように浅ましく、一人で飲み干そうとする者もいれば、
乾いた喉をなだめながら、持つもの全てを分け与えようとする者もいるだろう。

困窮の余り、死を選ぶ人がいる。
雨風をしのぐ為、ファーストフードにコーヒー1杯で寝泊りする若者がいる。

彼らの家は燃えている。

それを見て、我々は「誰か水をかけてやれ」と口々に言っている。

その手に水の入ったバケツを持ちながら・・。

自分の家は燃えないだろうと根拠の無い確信を信じつつ・・。

彼らの家が燃え落ちて、断末魔の叫びが途絶えた時、
彼らの親族の「あなたは何故、その水をかけてくれなかったのですか」という問いかけに、どう応えたらいいのだろう。


以前住んでいた新宿には数百人の居場所を持たない人がいた。
ベンチに腰掛け、どうしようどうしようと不安と戦っている者も未だにいるだろう。

今住んでいる田舎町では、ほとんど見かけない。

皆、実家に住み、知り合いに囲まれて笑っている。

だが、昨晩愛犬の散歩に出かけた際、ある男性を見かけた。



今、彼に何をするのが彼にとって最善なのかを考えている。

今、私になにをさせてもらうことが、私にとって最善なのかを考えている。

今、私のバケツの中身が問われていると考えている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。