8月6日

ここでは、「8月6日」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原爆投下が行われた8月6日が、またやって来た。

夏が来るたびに、先の大戦について語られることが多い。

戦争の前段階、戦時中、降伏時の混乱、原爆、進駐軍による支配、
戦犯問題、そして戦争責任。

やれ軍部の暴走に引きずられた・・やれ止められなかったのは天皇だ・・
やれA級戦犯が悪い、日本を地獄に引きずり込んだ・・。

もちろん、それぞれある意味正しく、ある意味間違っているだろう。


戦争反対!!もう間違った戦争は許さない!!と言っている人もいる。


しかし、戦争に正しいも正しくないもないと思う。

戦争には目的があり、その為に国家が決断する。

正しい戦争も無いが、間違った戦争というものも無い。

抜き差しならない状況で、極限の判断において行うものだ。


繰り返すが、力が裏づけとして存在する社会で、
戦争に正しいも正しくないも無い。


昨年、このブログで原爆について書いた。

原爆投下した乗組員について書いた。

私は彼を否定せず、核も戦争も否定しなかった。

多くの批判と、少しの賛同を得た。


そのことを思い出しながら書いている。


昨年、戦犯について議論した青年は、熱心にA級を非難していたが、
A級とBC級の違いも知らなかった。

戦後、戦犯の名誉回復に共産党までが賛同し、国民の多くが署名したことも知らなかった。


良くも悪くも今の日本は、去勢された女性的社会になってしまっている。

戦争というものについて語れば、右翼的ととられることが多く
戦争の話すら避けたがる。

現実に世界で戦火がやむことは無く、いづれ巻き込まれても不思議ではないのに、
そのことについて話すことを委棄している。

私が女性的社会という比喩を使ったのは、「自分とわが子さえ無事なら、それで構わない」という女性的非戦論者が非常に多いからだ。

パックス・アメリカーナの傘の下で育ち、恩恵を受けながら、
アメリカを非難するものの多いこと多いこと。

先の大戦後、紛争を起こし続けている中国と台湾の軍事バランスが崩れたら?
過去に中国は3度もちょっかい出していると言うのに・・。

中東からのシーレーンを中国に止められたら?
1ヶ月で備蓄原油がなくなるというのに・・。

原爆非難も、戦争放棄も、国民の総意なら大変結構なお話だが、
今の日本は筋者のたむろする街角で息を潜めている小金持ちのようなものだ。

いつか巻き込まれるとも限らない事態への備えを語ることさえ、
右翼的・好戦的と言われるとは・・。

いずれ、そう呼ばれた者達が異口同音に、「そらみたことか」と言うことになるだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。