今頃、君は。

ここでは、「今頃、君は。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今頃、君はなにをしているだろうか。

あれからもう2年が経ち、僕は少し変わり、前より少しだけ強くなったよ。



2年前の七夕の夜、心から愛した1頭の犬を失った。
5年間を共に過ごし、病によって彼女を失った。

彼女の名前はリンと言い、アメリカン・コッカー・スパニエル特有の耳のふさふさした毛が可愛い犬だった。

はじめて私の家に来た時は、両の手にのるほどの大きさで、
私も子犬から自分ひとりで育てるのは初めてだったので、
おっかなびっくりの手探りの子育てだった。

母犬から離れ、クンクンと無くリンを抱え、一緒のベットで寝て、一緒に食事をした。

会社で仕事をしていても、心配で心配で、食事に誘う同僚を振り切って帰宅したものだ。

みるみる彼女は育ち、お手を覚え、待てを覚え、ボールを投げれば取ってくるようになった。

クリスマスの誕生日に、一緒にイヴを祝う恋人のいない私と、恵比寿のガーデンプレイスを散歩して、
「あいつら~イチャイチャしやがってぇ~、リン!!噛め!!許すぞ!!」なんて言っていたものだ。

ひとりで哀しくなり泣く夜には、足元から離れず、見上げてくれた。

「遠征だぁぁ」と言っては、代々木公園に行ったり、繁華街に行ったね。

5年が経ち、おてんばなリンも落ち着いてきた頃に、先天性の貧血が判明。
心臓が肥大して苦しかったろうに、一緒にいれば尻尾を振っていたね。
苦しかったろうに・・。

燃え尽きようとしていた時のお医者の提案を認められずに、苦しませてしまったね。

すまなかったね。ごめんね。


何十年か経って、わしがそっちに行った時には、好きだったボール投げして遊ぼうな。

あれから、2年。
リン。
いろんなことがあって、いろんな人に逢って、いろんなことを知ったけど、
わしもジュエルも君の事は忘れていないよ。

今は雲の上で、昔のように待っていておくれ。




今頃、君はなにをしているだろうか。

あれからもう2年が経ち、僕は少し変わり、前より少しだけ強くなったよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。