人間は誰でも

ここでは、「人間は誰でも」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「人間は誰でも15分間は有名になれる」とは、
A・ウォーホールの名言だが、アイドル志望の放火犯は図らずも有名になった。

最近、不可解というか理解に苦しむ事件が多い。

もちろんマスコミがそういう事件を取り上げて、ショーアップしているせいもあるが、
特に青少年の犯罪が目立つ。

とはいうものの、異常な事件が目立つだけで、少年犯罪の事件そのものは、
以前に比べると減っているそうだ。

先日の生き埋め事件にしても、今日のアイドル志望の放火事件にしても、
なんだか若年層が幼児化しているように感じます。

行動すれば結果が伴い、どうなるかわかりそうなものなのに、
逃避の為に安易な解決を図る。

他人様に迷惑をかけなければ、それも人生のわき道と言えなくもないが、
文句を言われたから火をつけるとか、ころしてしまうとか・・
まるで「消えてしまえ」と言っているようである・・。

でもなぁ、若者ばかりではないか・・

東京では排泄物を庭に撒き散らしていた司法書士が逮捕されていたし、
年齢というよりも、なにかしら大切なものが欠如している人が増えたということか・・。

道徳心とか、そういうものを芽生えさせようとして大人も努力しているが、
なかなか上手くはいかない。

最近、このブログで想像力という言葉を使っているが、
その人なりの美学というものがあれば、人間そう簡単に心が折れるものではないとも思う。

覚悟さえあれば法律という線引きは超えることは可能だが、
己の美学というものは、そうそう捨てられるものではない。

笑われようと嘲られようと、自分の美学や信念を持っている人間は、
「言わせておけ」と平然としていられるだろう。

願わくば、そういう者を目指したいものである。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。