運命の星

ここでは、「運命の星」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩、スポーツ番組の「ナンダ」を見ていたら、
六星占術の話が出ていたので、ちょいと気になり、検索してみた

わしは、1969年12月24日生まれ。

結果は・・・。


孤独な世界に住む理想主義者


極端に言って、土星人は「心の世界」に住んでいます。
理想が高く、したがって現実世界にはなじみにくい、という宿命を負っています。
土星人は、まず、何ごとにもつけても、白黒のけじめをはっきりさせないと、
なっとくできない面があります。
清潔な性格で、正義感にもあふれ、実利よりも名誉を重んます。
よく言えば「理想主義者」、悪く言えば「唯我独尊(ゆいがどくそん)」タイプです。
土星人が住んでいるのは”孤高の世界”ということができるでしょう。
とにかく融通のきかなさ、無器用さ、要領の悪さ----
逆に言えば、筋を通すということに関しては、土星人の右に出る者はいないほどです。
責任感の強さも、他に例を見ません。
土星人は、頼まれた仕事は体をこわしてでもやりとげるでしょう。
こうした土星人特有の性格は、独創的な世界では、他人の追随を許さぬ独創性を発揮する一方、
ときには、とくに対人関係の万では”融通のきかない頑固者”と思われて、
他人から嫌われる原因にもなりかねません。





( ̄□ ̄;)!!これは・・・当たっているのでは・・





土星人のセックスを一言で言うと、男性は典型的なムッツリすけべいタイプです。
土星人は世間の秩序を重んじる保守的な性向があります。
その性向が、セックスにそのままあらわれます。
というのも、土星人は、根はとってもセックス好きなくせに、
セックスを何か不潔なことといったふにとらえる矛盾した観念を持ち、即物的に”遊び”でセックスすることを、いさぎよしとしないのです。
それに、お体裁屋の面もあるため、お酒を飲んで酔っ払った相手が、
ベッドを共にしたいと言っても、据え膳を食わずにその場を立ち去ってしまうことも少なくありません。




φ( ̄_ ̄;) うーん ・・これも当たっている気が・・。




土星人が男性なら、天文学者、航海士、カメラマン、広告デザイナーなど
一匹狼的色彩の濃い職業をよいでしょう。




まさに・・・当たっているという確信が生まれつつ・・・




土星人は、家庭を大切にし、子供を可愛がります。
何かにつけて外の世界では、あつれきの多い土星人としては家庭が唯一の救いとなるでしょう。




ふむふむ・・




土星人は結婚運が薄いので、縁があれば、
早いうちに身を固めないと、独身で終わる可能性があります。
適齢期の過ごし方が一生の運気を左右する、といっても過言ではありません。



独身で終わる可能性があります・・
独身で終わる可能性があります・・
独身で終わる可能性があります・・
独身で終わる可能性があります・・



( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!ガーンガーンガーン


薄々わかっていたこととは言え、思わぬところで改めてとどめを刺されるとは・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。