キャプテン☆山手、東奔西走す

ここでは、「キャプテン☆山手、東奔西走す」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が最愛の「(元)連れ」。

彼女のオコ(オコ、1年ぶりのコラム日記登場)が、来月になにかの合宿で、
お泊りに行くそうである。

ましてや、彼は最近サッカーに没頭し、上級生を差し置いて
3トップのセンターというポジションを勝ち得た「西日本の逸材!!」

わしほどでは無いにしても、ご飯ももりもり食べて急成長であるらしく、
体もワンサイズ大きく・・。

そこで、本日は休みであったので、キャプテン☆山手はお買い物へ。

ユニクロに行く途中、会社に立ち寄り子持ちの同僚に聞くと、
「ユニクロより、ファッションセンターしまむらがいいんじゃない。
子供用の服多いし、安いよ。うちの子もしまむらのが多いよ」

「ほぅ、しまむらねぇ」
(都内では、しまむらはほとんど無いので行った事が無い。)

さっそく、(元)連れに電話して聞いてみると、
「しまむらはショボイ!!!(゚Д゚)クワッ 西松屋の方がいいわね」

そこも聞いたことが無い・・。

そのうえ、説明を付け加えるなら・・。

我が家からユニクロは南東に5キロ。西松屋は東に4キロ。しまむらは北東に4キロである。

加えて言うなら、本日埼玉北部は30度近い夏日である。
しかも、移動手段は愛車の自転車「キャプテン☆山手」号のみ・・。

まぁ、よい・・。

(元)連れの言うことのみには、素直なわしのこと、
エッチラオッチラと西松屋を目指す。

尋常ではない汗をかきつつ、やっと到着。

ほほぅ、赤ちゃんのものが多いが、なかなかに充実した品揃えではないか・・。

100センチ・・110センチ・・120センチ・・130センチ・・


( ̄_J ̄) ん?( ̄_J ̄) 140センチは?

「すいません、140センチの子供服はどこですか?」

「申し訳ありません、当店では130センチまでの品揃えになっています。」


( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!ガーンガーンガーン


こんな遠くまで来たのに・・・。


ならばと、おっとり刀で「ファッションセンター・しまむら」へ。


またしても、汗だくに・・。洗濯したてのシャツはびっちょりである。


(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

この店は安い・・しかも豊富!!!
たしかに服はいまいちショボイが、子供はすぐ大きくなるからいいだろう。

よさげなTシャツ2枚と、半そでシャツを購入。

なかなかにお得な買い物ではないか・・┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・



(以下、キャプテン☆山手、心の会話予想図)

わし「シャツ、しまむらで買ったよ」

(元)連れ「ほぅ・・しまむらでねぇ・・安くてショボイしまむらでねぇ、
しまむらでねぇ・・しまむらでねぇ・・」



Σ('=';) ハッ!!

わしとしたことが・・手間隙と体力を惜しんでしまった。

自らに鞭を打ちつつ、さらに遠方のユニクロへ・・。

ペダルをひとつ漕いでは(元)連れの為、ふたつ漕いではオコの為・・

途中、あまりの尋常ではない汗に生命の危険を感じて、
ファミリーマートで一休みしつつ、なんとか到着。


ユニクロは都内にいた頃以来である。
キッズ服を探す。

・・うーん・・( ̄_ ̄♭)

素材はオサレっぽいが・・デザインがねぇ・・。

30分以上考えた末に、ちょっとスポーツ機能服っぽいTシャツを2枚ゲット。

でもねぇ・・なんか、ものたりないのよねぇ・・

ふむ・・しまむらに戻ろう・・。


再び、しまむらへ。

B系っぽいTシャツ1枚と、サッカー用やらの靴下を購入。

これで計5枚。これならいいだろう・・。


ホームセンターに寄って、ジュエル用の缶詰を3つ購入。


また果てしない道のりを自宅へ。

自宅到着は5時。ちなみに出発は2時。

総行程おおよそ15キロ程度・・。


わしは服など滅多に買わない。
買えないのではなく、あまり興味が無い。
手と足が通って、清潔感さえあれば、それでいい。
最後に服を買ったのは、3年ほど前である。

なにより「どんな服をおさがしですかぁ?」と店員に話しかけられるのが、
とてつもなく苦手なので、服を買いに行くのが嫌いなのである。


が、しかし!!!

自分以外の服を選んだり買ったりするのは、楽しい!!!

すごく楽しい!!!



ただひとつ、店がやたらめったら遠いという点を除いては!!



今日の教訓

田舎の人の「この道、まっすぐ、すぐ着くよ」という言葉の
「すぐ」という部分は、「(車に乗ったら)すぐ着くよ」という意味である。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。