秀逸である!!!!

ここでは、「秀逸である!!!!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、深夜の映画で見て以来繰り返し見ている映画がある。

正確に言うと、繰り返しあるシーンを見続けている。

2,3年前の映画、「スカイハイ」

釈由美子の主演映画であるが、そんなことはどうでもよい。

隠れた名作である「ヴァーサス」の監督である北村監督の作品である。

この監督、好き嫌いのはっきり出る監督であるが、
チャンパラ撮らせたら、日本一である。

ドラマであったテレビシリーズの映画化なのだが、
不治の病に冒された男が、妻の為にこの世を地獄に変えてでも、
呪いの力で妻を助けようと連続殺人を犯す。
その殺された被害者と、その恋人が阻止しようとして対決するのだが・・。

その恋人に力を貸す霊能者と、殺人に手を貸す女剣士の対決が秀逸である。

殺陣に入る前の静と、あざといまでの決め、直後の殺陣。

いい・・。非常にいい・・。

しかも、決めのポーズと、印象的な台詞。



「あんたの心臓、もらいに来たよ」


「そう簡単には渡さない」


あぁ、表現できないのが、もどかしい・・。


言っておくが、名画と言うわけではない。

だが、チャンバラ好きには堪らない名シーンである。


ちなみに北村監督のベストショットは、やはり「ヴァーサス」である。

ただし、レンタル店で見かけたことはない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。