プライド

ここでは、「プライド」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は先日行われたプライド31の放送日。

プライドに関しては、わしはうるさいよ!!いつも以上に!!

プライド1にも足を運んだし、ヒクソン戦も見てるしね。

で、今回の試合だが・・・。



久しぶりに泣きながら試合を見ました・・。


メインカードのマーク・ハント対元クルザー級世界チャンプの西島の試合・・。

8年ほど前に注目を浴び、渡米。

チャンプにまで上り詰めるものの、生活は苦しく、
奥様が働いて、お子さん2人と彼を支えたそうだ。

アメリカに本拠を置いてのボクサー生活のため、
国内での試合は許されずの困窮生活。

子供たちにも試合を見せることも出来なかったという。

戦う場を探し、闘士としての死に場所を探し、プライドに登場。

口下手で、不器用で、拳でしか語ることの出来ない男。



相手はK1を制したハードパンチャー、マーク・ハント。

しなやかな上半身を使い、スウェー・ダッキングを多用。
しかし相手は30キロ以上重く、決定打が入らず、
逆に寝技で苦しめられる。

3ラウンドに入り、西島のパンチに誘われるように、
ハントはセコンドの声を無視して、乱打戦へ。

ボクサーのプライドなのか、腰が落ちるもひざはつかず・・。

最後は血まみれの顔面に、ハントの右フック。

崩れ落ち、ノックアウト・・。



いや・・泣いた泣いた。


奥様は「やるなら気が済むまでとことんやって」と送り出したそうだ。


泣きながら見た魂の3ラウンドだった。


勝てるチャンスと可能性のあるいい試合だったし、
寝技に行けば、もっと簡単に勝てたに関わらず、打撃に付き合ったハント・・。

久しぶりに見る男のドラマと色気のあるいい試合だった。

わしは感動しました。

やっぱり、格闘技は浪花節だな!!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。