疑問

ここでは、「疑問」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福田元官房長官が靖国問題に対して、苦言を呈した。

以前からこの方は無宗教の施設を作るべきだと言っている。

国民の支持を得たのなら、それもいいだろうと思う。

だが、その主たる原因は中国・韓国・北朝鮮に対しての配慮だろう。


思うのだが、彼らが遺族や靖国を支持する国民を説得し、
仮に納得させて、新施設をつくることが出来たとしよう。

その時は、かの3国と手に手をとる時代が来るとでも言うのだろうか。

否。それは望めないだろう。

中国・北朝鮮は、民主化選挙も行われない一党独裁国家。
韓国は反日をアイデンティティーとする国家である。

彼らの希望通りにすれば、今度はここが気に食わないとでも言い出すだろう。

米国大統領がウェリントン墓地に墓参りするのに、
彼らが文句を言っているのを聞いたことがない。

彼らは日本を、日本の国民をなめきっているだけだ。

原因をひとつ取り除いたところで、ほかに因縁のつけようなどいくらでもある。

やくざのようなものだ。

自らが正しいというならば、恐れる必要などないと思う。


福田氏は有能な政治家と思うが、彼の意見には断固反対する。

イギリスの諺にもあるが、
「ねずみにミルクを与えれば、次にチーズを要求してくる」だけだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。