スポーツ

ここでは、「スポーツ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はさほどスポーツというものを経験していない。

学生時代には、柔道・空手・レスリングなどの格闘技ばかり。

同級生が野球やテニス、ラグビーなどで女子生徒の黄色い声援を浴びているのを、
柔道場の小さい窓から眺めていたものである。

社会人になってからは、友人たちに誘われてテニスなどもやったてはみたが、
「楽勝だよ」と馬鹿にしていたわりには、コートの中をドタドタとすり足で走り回り、
しまいには呼吸不全になりそうな始末だった。

建築現場でバイトしていた時に、腕力不足を実感して、
鉄筋の束を休み時間にバーベルのように上げ下げしたのをきっかけに、
ウェイトトレーニングを始めた。

これが実に面白い。

観客もなく、人に見せることもないのだが、確実に結果が出るのである。

3週間もやれば、腕は太くなり、肩は引き締まる。

10キロのダンベルを安く買ってからは、さらにはまり、
今では70キロのバーベルまで部屋に転がっている。

食べ物に気をつけ自己管理を怠らずに練習していくと、
1年もしないうちに別人のような体になる。

発達し硬くなった上腕二頭筋を見て、にやりとし始めるのである。

そう・・・。

世間で言うナルシストになってしまう禁断のスポーツなのである。

そうなると夏が楽しみでたまらなくなる。

電車に乗って、つり革につかまると・・・、

「さぁ!来い! 俺の筋肉!!上腕二頭筋ちゃん♪さぁ!来い!」の世界である。

冬になれば、ベスト型の着れるタイプの20キロくらいのウェイトを着込んでいたものだ・・。


しかし、パソコン関係の激務についてからはそういう意欲もなくなり、
いつしか体型は丸くなり、前足といわれた太い腕も普通の手になった・・。


そして、2006年、キャプテン☆山手36である。

あるスポーツを始める決意をいたしました。

それは・・・









「ボーリング」



ボーリングといっても、パイプを両手で地面にめり込ませて温泉を掘ったりはしませんよ。

約6キロのボールをレーンに叩き込み、ピンをねじ伏せるあのゲームである。


聞けば、友人たちがボーリング大会をやり、経験者は楽しい楽しいという。

老いたりとはいえ、わしは腕力に関しては一家言ある男である。

要は6キロのボールで棒をなぎ倒せばいいんだろう。

やってやるさぁぁぁ。



で、早速マイボールの購入をたくらむキャプテン☆山手である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。