チャット考

ここでは、「チャット考」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただ今、深夜3時過ぎ。

チャットをしていて、寝ようと思ったが、
なかなか眠れずチャットについて考えていたりしている。

ADSLが普及してから、ネット人口が急増しているとはいえ、
ネット上での男女比は良くても3対7。
普通に考えれば、2対8程度だろう。

昭和のビデオ普及にアダルトビデオが大きく影響していたのは知られているところだが、
2000年からのこの5年間は、ネットにとってこの側面が大きかっただろう。

出会い系サイトが急増し、アダルトサイトも悪質化した。

いくら国内法で取り締まったところで、国外サーバーでは無修正アダルトを
こずかい程度の金で垂れ流している。

かつてAOLのメル友募集には、男どもが群がり、
MSNのチャットも同様だったらしい。

他の有料化などにより、無料のヤフーのチャット人口も大幅に増えているという。

かつてのようにボイス・カメラのない時代ならキャラクター勝負の楽しい会話もあったが、
カメラ・ボイスが普及した現在、かつて出会い系に流れた男性たちにとっては、
アダルトツーショットチャットほどのうまみはないにしろ、
ヤフーのチャットは確実に彼らの欲望のはけ口になっている。

数年来の友人の部屋に行っても、愚劣なしもねたを言う馬鹿が多い。

まぁ、女性は男女間の友情を信じていると思い込んでいる人が多いが、
彼らとて期待している点は否めないだろう。

「カメラ見せろ」「いろっぽい声出せ」などなど、
まぁ、持ちつ持たれつの火遊びなのだろうが・・。

わしはそういうIDをログの記録とともに通報・提出してるけどね。

ヤフーも、本人確認書類で確認後、有料化すべきだ。
少なくともチャットに関しては、プロキシ接続など出来ないようにして、
犯罪につながりそうな要素を減らし、悪質な利用者に関しては
当局に情報協力すべきだと思う。

少なくとも複数のID・ニックネームをもてないように規制すべきだ。
悪質な人間に2度目のチャンスを与えるべきではない。


それに過去にチャットで怖い目にあったと言うものもいるが、
そういうものほど通常時に警戒感の欠片もなく開けっぴろげに楽しんでいる。

まさにのどもと過ぎれば・・である。

人間は経験をもって知恵とする生き物なのだから、
経験を生かし、理知的に行動すべきだ。


既婚・独身様々いるが、匿名と言う傘に隠れて、
普段出せない欲望をネットで噴出させているその姿はおぞましいとしか言いようがない。

躾を受けずに育った男連中にそれを期待するのは無駄か・・。

せめて反面教師として、よく見極めよう・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。