さびしい人ですね とコメントくれた方へ。

ここでは、「さびしい人ですね とコメントくれた方へ。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、原爆についてのブログを書き、トラックバックもさせていただきました。

多くの方にコメント・トラックバックも頂き、感謝しております。

そのなかに「さびしい人ですね」というコメントを頂きました。

内容は、
「あなたの言ってることは、だいたい当たっています。
戦争に善悪はないし、現実戦争が起こった場合、
間違いなく多くの人は悩みながらもあなたの言うような行動をとる人は多いでしょう。
しかし、戦争が起こった場合の現実というものを
本当に「現実のこととして」想像できているのでしょうか?
常に我々は、アメリカなどの「攻める側」からの戦争の映像を見ることが多く、
「攻められる側」の映像を見ることはありません。
戦争が起こればその現実は、火の玉が降ってくる、
自身の体が焼け焦げていく、目の前で肉親が殺される・レイプされる、わが子を殺す・・・・。
それが現実です。沖縄戦では、集団自決や日本軍に殺された住民も数多くいました。
そんな状況を考えた時「やる側」に立つ選択しか考えないというのでは、
さびしすぎます。
こんなに知恵も知識もある人間が、
武力でしか物事の解決手段がないとしか考えられないのでしょうか?
平和ボケだの能天気だの言ってるひまがあったら、
いかにすればこの世から核の廃絶ができるのか、
どうすれば戦争を起こさずにすむのかを知恵をしぼるべきでしょう。
あなたのような人が、この日本にいるようでは小泉も自信をもってブッシュとラブラブし続けるでしょうね。」
というものでした。

ちょっと話が脇を逸れますが、私の父は昭和2年生まれ。
戦争末期には東京にいたそうで、空襲も体験していますし、学徒出陣の危険性もありました。
現に父は5人兄弟ですが、生き残っているのは父ともう1人だけ。
残りの3人は南方戦線で戦死しています。
帰ってきた骨壷には、骨は無く、煙草入れ1個が入れてあったそうです。

母は昭和8年生まれ。樺太からの引揚者です。
ロシアが宣戦布告して、内地に引き上げる際に、叔母は暴行寸前までの目にあっていますし、
1番若い伯父のために缶詰に麦をいれ、ろうそくの炎でかゆを作って、
食べさせたそうです。

父や母が被害者なら、父の伯父は加害者だったかも知れません。
帝国海軍中将であり、ミッドウェーにも参加し、戦争の歴史の本にも登場し、
天皇から勲2等の勲章も頂いている軍人ですから・・。
引き金を引かずとも、何千人の米兵を殺したことでしょう。

被爆者の身内もいます。癌に苦しみぬき、亡くなりました。

あなたは攻める立場でしか私が語っていないと仰っていますが、
わたしは攻める立場のみで語っているつもりはありません。
彼ら生き残りの人間に躾けられ、教えられて成長してきました。

北朝鮮は核開発、中国は防衛費2ケタアップが10年以上続き、
陸軍は世界一、保持している核兵器は300発近い・・。

この現実から見れば、加害者というより、被害者になる確率が大きいと思っています。

ですから尚更、現実的な対応が必要だと思っているだけです。

4大文明以前の時代から、人間は殺しあい、戦争の無い世紀はありませんでした。

もちろん戦争廃絶は目指すべきですが、出来ない時の対応も考えるのが、
現実的だと思います。

家に泥棒が入って欲しくないと思っても、泥棒はなくなりません。
泥棒になりそうな人を無くす方法は、現実的には無理だと思います。
ならば家にかぎをかけ、警備システムを入れる。
これが現実的な対応だと思っています。

もし泥棒に出会ったときに、「あなたは悪くない。どうぞ好きなものをお持ちになって♪」
とでも言うべきなのでしょうか。

いくら大声で「戦争廃絶」と叫んでも、戦争はなくなりません。
現に今までに廃絶されていません。

暗愚な私には戦争廃絶する具体案が浮かびません。
是非、その具体案をご教授していただき、どう行使していくべきなのかを
お導き頂きたいと思います。

エチオピア国境では民族紛争で数万人単位の虐殺も行なわれています。
AK47自動小銃を持ち、虐殺を続ける彼らにどう言ったら、
今後の被害者がなくなるのでしょうか?

付け加えさせていただくのなら、現実にある問題の対策に、
寂しいも悲しいも無いと思います。

現実はただそこにあるだけですから・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。