PV

ここでは、「PV」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山下達郎の「FOREVER MINE」PVを深夜のテレビで見た。

ホームレスのような格好をした嶋田久作がベンチに座り、
ピアノが目の前にあるかのように手を出し、ピアノを弾き始める。

曲が始まり、目の前にピアノが現われる。
ピアノの向こうには昔愛したのであろう最愛の女性。

かつて愛した女性がやさしげな表情で手を差し伸べる。

彼はその手を取ろうとするが、消えてしまう。

彼は彼にしか見えない女性に導かれ、街を歩く。

手を引かれて、深夜の駅へ。


いぶかしむ駅員の目も気にせず、駅の中へ。

電車の中では曲にあわせ、皆幸せそうに踊り、彼も彼女と踊る。


いつしか電車の中から歩道へ。


男は彼女の手を取り、幸せそうに踊り続ける。

そして幸せに満ちた表情で踊りながら、車道に出てしまう。

『FOREVER MINE』と口ずさみながら・・。


車道に消える男。



曲もいいし、嶋田久作もよく、PVとして最高だった。
切ないストーリーで一見救いも無いが、
その実、幸せに満ちたストーリーだった。

泣きに泣いた。

音楽や映画が例えようもなく好きだが、やはり若く多感だった時に比べ、
純粋なものの見方が難しくなっている気がするが、
ひさしぶりに音楽の力で涙を流した。



こういう死に方をしたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。