不覚にも・・

ここでは、「不覚にも・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメを見ておお泣きしてしまった・・。
「トトロ」ではない。「蛍の墓」でもない。
アニメは殆んど見ない人なのである。わしは・・。

「はじめの一歩」である・・。
15年程前に始まった人気ボクシング漫画。
釣り舟屋の母子家庭に育った主人公が、ボクシングを通していじめられっこから、
1人のボクサーとして成長していく作品だ。

一昔前のボクサーは皆「明日のジョー」を見てボクシングを志したというが、
現在活躍しているボクサーは、「はじめの一歩」がリングに上がるきっかけという選手も多い。

わしが見たのは、その主人公のジム仲間を主役にしたサイドストーリーのようなものだ。

ご存知の方もいるかもしれないが、あの「青木・木村」の馬鹿コンビである・・。
2人は高校を中退してぐれて不良になっていたのだが、ボクシングに夢中になり、
勝ったり負けたりしながらも、上を目指している。

そのうちの1人、木村が日本タイトルマッチに挑戦するストーリーだ。

ボクシングをはじめて5年。
毎日何キロも走り、何万回もサンドバックに打ち込み、減量の苦しみに耐えた5年。
後輩に追い抜かれ、年齢的にも無理はきかず、次のチャンスが来るかもわからない・・。
かつて不良仲間だった青木は、後輩のスパーリングパートナーに「勝たせてやってくれ、仕上げてくれ」と、土下座して協力を求める・・。

耐えに耐えた5年を、たった3分間に賭ける木村。

対する間柴選手も、両親を亡くし妹の将来の為に、パンチを打ち続ける。
互いに譲れない勝負。

結果として、木村はベルトに手をかけるところまで相手を追い詰めながらも、数センチの差で敗れる・・。

4年前の畑山vs坂本を思い出してしまった・・。

サッカーや野球などと違い、味方は己1人。
格闘技と言うのは、技術の計りあいではなく、運動神経のテストでもない。
存在の奪い合いなのである・・。

35の男が、アニメの映るテレビの前で泣いているのも、ちとなんだが・・。
感情移入の人になってしまった・・。

どんな男でも、一度もボクサーに憧れたことの無い男なんて地球上にはいないだろう。

ああ、泣きながらも血がたぎるぅぅぅ!!

とりあえず生卵でも飲んでおくか・・。 20050216110810.gif




本日の日記、お気に召した方はクリック♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。