昨夜

ここでは、「昨夜」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜、ある女性と言い争いになった。

事の発端は、ここ数日のわしの日記。

鬱をひけらかす人間をこき下ろしたり、
非現実に逃げ込んでいる人物を批評したことだ。

「見たくないなら見ないならいいではないか」というのが、
彼女の言い分。

それを皮切りに1時間ほど、主張・反論の議論で白熱した。

気心が知れているし、何故わしがそういった人間を批判するのかもわかっているし、
批判の裏にある真意を当然わかっている。

ある意味、負の感情についての論争。



結局、喧嘩することも無く笑って話を終えることが出来たが、
感じたことが1つ。


人間の魅力と言うのは、つまるところ「愛嬌」なんだと感じた。


秦の始皇帝は他人のことを口汚く罵り続けたと言うが、
愛嬌に富んだ人物であったらしく、それが最大の魅力であったらしい。


負の感情の話の際にも、愛嬌は貴重な財産なのだと実感した夜だった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。