犠牲

ここでは、「犠牲」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また犠牲者が出ましたね。
8歳と5歳の子供が、41の母親に襲われ刺されました。

5歳の子が「おかあさんにおにいちゃんがやられた」と逃げてきたそうです。

母親は瀕死の長男と車の車内にて逮捕。

育児に疲れた。子供を殺して死のうと思ったそうだ・・。
反省の言葉は無いという。

育児のストレスは理解できますよ。
わしは結婚こそしてませんが、今までに育児の経験はありますからね。

夜鳴きはする。食事の世話。オムツの世話。
むずがるから自分の時間をもてない。家には自分ひとり。

大変だし、辛いと思いますよ。

ただ、辛いからと言って殺そうと言うのは理解できない。

今時は「鬱」が流行のようで、「死にたい」と言ってみたり、
やれ「ハルシオンとなになに飲んでる」とか、さも「心が弱いの♪」と自慢げにいう奴が多いが、
わしに言わせていただくと、単なる自分本位な人格障害としか思えない。

死にたいなら、子供を道連れにせず、ひとりで首でもくくれといいたい。

案の定、この母親も「死にたい」と言いつつも、のうのうと身柄を確保されている。

要するに「死にたい」なんて口にする奴は、死ぬ気が無いとしか思えない。
本当に死にたい奴は黙って死ぬし、リストカットなんて甘っちょろい事はしない。


本気で死ぬなら、手首切り落とせばいいだろう。
高いビルもあれば、線路もある。家の中にもコンセントもある。



現在の幼児虐待の多くは女性。
子供と共にいる時間の長い母親が1位。

心の病気のせいにするが、今後もこんなことが続くのなら、
結婚も出産も育児も免許制にして、管理するべきだ。



死にたい奴には、ドナーカードでも配っておけ。



心の傷とか言う奴に限って、より弱い子供のことなんて考えていない。


あぁぁぁぁ、腹が立つ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。