音楽

ここでは、「音楽」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20になったばかりの頃、銀座で貧乏生活をしていた。
周囲はまだバブルの残り香があった時代だったが、
わしといえば昭和40年代かよ!!的貧乏生活・・。

ジーンズはボロボロ。
足元は穴の開きそうなスニーカーか、小汚いサンダル。

今考えると実に恐ろしい話だが、当時から他人を気にしない人間だったので、
給料が入るとそんなぼろい格好で銀座山野楽器に通い、CDを買いあさっていた。

小学6年生の頃に寺尾聡の「ルビーの指輪」を買い、
中学に入って洋楽を聞き始めてから、音楽を聞きまくっていた。

学生時代は小遣いも限られていたので、FMステーションなどのラジオ雑誌を買い、
音楽番組をチェック。
FM放送を録音することを「エアチェック」と読んでいた時代だ。
30代以上の方なら、心当たりがあるだろう。

それまで東京ではFMNHKとFM東京、FM横浜が聞けるだけだったが、
銀座で過ごしていた20の頃、J-WAVEが開局。

それまでニューミュージックといわれていた邦楽ポップスが、
Jポップと言われるようになった。

貧乏バイトだったので、月の手取りは10万程度。
そのうち6万程度はCDを買っていたと思う。
おかげでいつも食べるものがなかった。

テレビというメディアは見続けていると、自分の中の言葉を失わせる。
思考停止して与えられたものを見続けているからだろうが、
音楽と言うのは自分自身の想いと言うものを増幅させる力がある。
少なくともわしにとっては。

この時代の音楽の知識が後々自分の仕事となり、様々な出会いを呼び寄せた。

今はパソコンで音楽を聞く時代。
レコードもCDも、MDさえ必要なくなった。

昔の荷物を整理していて、当時のお気に入りを編集して作ったカセットテープが出てきた。

かつて想いを込めて選んだ10曲。

当時のわしとのひさしぶりの対面。

そんな日曜日。まどろみの午後。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。