虐待

ここでは、「虐待」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰宅後に夕方のニュースを見ていた。

ここ15年くらいで幼児虐待が恐ろしいほど増えていると言う。
被害にあうのは0-1歳児。
加害者の多くは子供と多くの時間を過ごす母親。

子供を虐待した経験のある母親が顔を晒し出演していた。
真夏の暑い日にヤクルト1本しか与えずにほっておいたり、
泣いてる時に後から背中を蹴り飛ばしたそうだ。

本人が言うのには、幼児期の性的なトラウマが原因と言っていた。

誤解を恐れずに正直に言わせて頂くと、
「何言ってんだ、この馬鹿女!!!!!!!!!!!!!」という印象だ。

先日の夫婦喧嘩のストレスとかで、赤ちゃんを窓から投げ捨てた女がいた。
(あえて女呼ばわりさせてもらう)

親も人間だから機嫌が悪い時もあるのはわかる。
叱るではなく、あたってしまう時もあるだろう。

だけど・・だけどね・・
その子は将来「私は母に窓から捨てられた」と思うわけでしょ・・。

親や社会に見捨てられる人間は多い。
だが、その全員が虐待しているわけではない・・。

私にいわせればトラウマだか、ptsdだか知らないが、
それは自己正当化してるだけだろう。
トラウマなんて言い出したら、我々の親世代は比べ物にならないトラウマを抱えてる。

焼夷弾の中をくぐり抜け、空襲の中で死体に囲まれて生き延びた世代だ。
彼らに比べれば、なにをぬるいことを言っていると思う。

最近マスコミの影響だろうが、トラウマトラウマ言うやつが多すぎる。
殺したいだの死にたいだの、そんなに身を持て余すなら、
子供に当たらずに自分で自分の身を始末すればいいだろう。

どうも平和すぎるせいか、平等が正しいと思っている人が多い。
平等など法律書の中にあるだけで、この世には無い。

「あの人は愛されてるのに、私は愛されない・・。」とか言うものが多い。

それには原因があるのだよ!!

その原因を考えて、どうしても修正できないなら、
耳と目を閉じ口を抑えて泥の中で暮らすしかない。
それが嫌なら変わるしかないのだ。

拳銃を頭に突きつけられて「走れ」と言われるのが、今の世だ。

それが嫌なら「ライ麦畑でつかまえて」の主人公にでもなれ。




怒り心頭につき感情のままに書いた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。