教育

ここでは、「教育」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日ぼんやりと教育に関する番組を見ていた。

中学生の教育に関する番組。
中学生同士が土曜日の授業は必要か否か、
基礎的な授業(数学・国語・英語)等を増やすべきか否かに関して、討論していた。

学生たちの意見としては、土曜日は休みにしてもらい、
授業を減らして欲しいとの意見が目立った。

保護者・教員は授業を増やし、土曜日も登校すべきであるとの意見。

当然だ。

日本の学生の学力は急激に落ちている。

極端な話かもしれないが、
小学生などは太陽が地球の周りを回っている信じているものもいるし、
ニワトリの絵を書かせると4本足に書くものさえいる。
長崎の小学生などでは、人間は死んでも生き返ると書いた小学生が、
なんと10%を越えている・・・。

私が思う原因はゆとり教育の影響。この一点だ。

昭和40-50年代の詰め込み教育に戻すべきと思う。

それでは落ちこぼれるものが出るという方がいるが、出て当然。
世の中は競争社会。弱者は淘汰される。

世の中に平等などと言うものはなく、必死でやるしかない。
落ちこぼれるのは自由だが、後で文句を言うなと教えるべきだ。

平等な社会ほど歪なものはない。
努力したものほど恩恵を受け、落ちこぼれは追いやられる。
これが健全な世の中と言うものだと思う。
嫌なら死ぬ気で勉強すればよい。

彼らは物知らずのままでもなんとかなるとなめているが、
実際になんとかなどはなりはせず、落ちこぼれ、引きこもる。

それで結構ではないか。
引きこもりは多ければ多いほどいい。


成功できる人間のイスの数は決まっているのだ。
ライバルは少ないほうがいい。


彼らのなめきった態度を見ていたら、無性に腹が立った。
久々の日記だが、多少攻撃的で申し訳ない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。