とても哀しい朝

ここでは、「とても哀しい朝」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩は珍しく早く寝たせいか、早朝に目がさめてしまった。

メールの確認などしていて、ふと犬のサイトを点々と見ていた。

見ていくうちに、犬のオークションというのを見つけた。

出品している方の履歴を見ると、殆んどの方は犬ばかり出品しているようだから、
恐らく業者やブリーダーの方たちだろう。

ある意味、ペットショップよりはいいというか、良心的かもしれない。

日本ではペットショップで、犬が売り買いされている。
恥ずかしながら、私の愛犬ジュエルもペットショップ出身だ。

ペットショップには問題とされる点も多い。
6ヶ月を過ぎた犬は売り物にならないから、動物実験の業者に売るとか、
なかには田舎にいって捨てる等という話も聞く。

一番いいのは、知り合いや良心的なブリーダーから譲り受けることだ・・。

いや、一番いいのは保健所などで保護されている子達を貰い受けることだろう。

オークションが悪いとは限らない・・。

だが、あるミニチュアダックスの女の子のオークションを見て、
驚いたというか、哀しくなった。

出品している人は業者から譲り受けたらしく、
健康上の都合でオークションに出しているらしい。

写真を見ると明らかに健康を害している的な毛並みの悪さで、やせている。

「以前飼われていた業者さんで出産経験があるようで、
台犬(出産だけさせる犬)として使われていたようです。躾は入っていません。」

私は犬を溺愛する親ばかだから、そう感じるのかもしれないが、
哀れすぎるではないか・・・。

犬という動物は愛情さえ与えて、家族として接すればある程度の子になる。

それが出産の為だけに使われ、不要になったからといって譲り渡され、
そこからまたオークションに「出品」される・・。


捨てられたり、実験用にされるよりはましだろうが、
余りに哀れではないか・・・。

せめて共に幸せな余生を送れる飼い主さんに出会って欲しい・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。