SF映画

ここでは、「SF映画」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日だったか、全米でスター・ウォーズ最新作「シスの復讐」が公開された。

スターウォーズは確か78年か79年に第一作が公開された映画史上最大のスペースオペラ。

当時のわしは約10歳頃。4年生か・・。

友達と吉祥寺の映画館に出かけて、わくわくしながら見た。
そのあとも国立駅近くのスカラ座という名画座でも見たし、
池袋の名画座でやっていた3作オールナイトなどにも行った。

そういうえば中等部の寮で夜食堂に集まって、テレビでやっているのを見た記憶もある。

今回の「シスの復讐」で、第6作。
全部で9作までの予定だから、やっと3分の2だ。
25年かかって、3分の2か・・。
年寄りになる前に、また再開してほしいものだ・・。


映画を見に行く際に、1人で見る派と、誰かと行く派に分かれる。

映画好きは集中したいからと、1人で行くことが多いようだ。
わしもどちらかというと、殆んど1人でいく。
(圧倒的に一人ぼっちで生きてきたという理由もあるが・・)

一昔前はデートで映画というパターンが多かったようだが、
わしは反対派で、どうせ共に時間を過ごすなら2時間黙って映画を見るなら、
他のところに行って話をするほうが好きだった。

そうはいっても色んな人達と、色んな映画を見た。
テレビで誰かと行った映画を見かけると、
「あぁ、これは○○と見に行ったな・・」と想い出す。

一緒に行った人達も、同じように思い出しているものなのだろうか・・。

その後の人生のなかで、袂をわかった人々も多いが、
一本の映画をきっかけにふと想い出す人たちの横顔・・。


願わくば彼らが今も幸せでありますように・・。


フォースと共にあらんことを・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。