御訪問ありがとうございます。 ここでは日頃、感じることを思うまま、ニュース・日常・趣味等をテーマに書いていこうと思います。 HP本館もありますので、是非御来館ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、冷め切った目で女性を見ていると、心底思う。

女性は、愛され大切にされるより、結果として楽に生きたいんだなと思う。

愛人上がりの姉も同じ。愛人の子を生んで、そんなことはなかったような上品顔で浮気を繰り返す社長の妻になっている。

金さえあれば別れると繰り返し言うが、結局金のある暮らしを捨てられない。



多くの女性の生き方には、美しさがない。

彼女達が気にするのは、見た目の美しさという見た目どおりの短絡さ。



歴史が実証している。

男は妻を殺した女と結婚しないが、女は夫や子供を殺した男と添い遂げる。

歴史にはそんな女が数え切れない。

結局、自分と子供さえ楽が出来ればいいのだ。

もちろん極々少数の例外はいるが・・。

女の人生には、正義と言う美しさがない。



なんて書くと、馬鹿にするなといわれそうだが、好かれようとも思わないし、事実ほとんどが馬鹿なのだから仕方ない。
スポンサーサイト
残心という言葉がある。

ざんしんと読む。



かつて極真空手に2人の名選手がいた。

1人はスイスの生んだ名手、アンディ・フグ。

空手からK1に活動の場を移し、何度も劇的な敗北を繰り返しつつも、名勝負製造機と呼ばれた男。

敗北の後、あえて挑戦し勝利するところから、彼のための大会にリベンジというタイトルがつき、流行語になった。

そしてミスターK1は呼ばれた。

彼以上の成績の選手はいたが、彼こそがその名にふさわしい。

青い目の侍と呼ばれた。




その彼を2度失神KOした男が、フランシスコ・フィリオ。

ブラジルに渡った日本人師範に空手の真髄を叩き込まれた。

彼はK1初挑戦の試合で、KIチャンピオンであるアンディを左フック一撃でマットに沈めた。

まさに極真の理想である一撃を体現した男。




その数年前、2人は極真の世界大会で対戦している。

「止め」の声の直後、フィリオの蹴りがアンディに入り、糸の切れた人形のように崩れ落ちた。

本来であれば、アンディの負けとはならない。

しかし、空手は武道であり、止めの声で警戒を解いたアンディは負けとされた。




残心に敗れたと言っていい。

残心とは、技を終えた後でも心を抜かず、警戒を怠らない事を言う。

これは格闘技のみでなく、芸道一般で使われる言葉である。

ダンスの切れ目のふとした動作、弓道なら打ち終わった後も的を見つめる心、茶道では客を見送り姿が見えなくなるまで心の隙を持たない事を言う。




仕事でも同じである。

机の上を見れば、残心が見える。

美しい所作こそが残心。

躾と言う文字は、身につく美しさと書く。

こればかりは、どんな美人でも演じられるものではない。




残心の真髄は、余韻なのである。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。