御訪問ありがとうございます。 ここでは日頃、感じることを思うまま、ニュース・日常・趣味等をテーマに書いていこうと思います。 HP本館もありますので、是非御来館ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あるブログのコメント欄に、思った事を書き込んだ。

ネタと思われたのか、それなりに叩かれた。

なにを書き込んだのかと言うと・・。

その記事は、計画停電に対するもので、多くのコメントは計画停電の不平等さについてのもの。

21区は停電せず不平等とか、同じ町内であっちの家は停電してなくて不平等など・・。

私の意見としては、この計画停電は「不平等であるが、致し方ない」というもの。

以下、理由。

資本主義はシステムとして、「個人の幸福の総計が社会全体の幸福であり、社会全体の幸福を最大化すべきである」として、「最大多数の最大幸福」を追求するもの。

であるから、「少数の不利益は、社会全体の幸福のために容認する」のではないですか。

また自分が強者であった場合には、弱者に耳を傾けなかったのに、弱者になった途端、声を上げるのは話の筋として整合性が取れて無いのではないですか?という趣旨を書いた。



ちなみにうちは埼玉で停電している。

しかし、例えば沖縄の基地の話の時や、福島の原発などの際には、正直仕方ないと言うのが私のスタンス。

悪く言えば、「見捨ててきた」人間と言うわけだ。

だから、自分が停電と言う弱い立場になった際に、ひどいじゃないかとは言わない。言えない。

言ったのでは、整合性が無い。



しかし、反論として「ここは停電について話す場所。ほかの事は知らない」という意見も頂いた。


かみ合うはずが無い。

ミクロとマクロ、視点が違うからだ。


ある人は「停電地域の患者の命は、21区内の患者より軽いのか」と言っていた。

これは言い換えれば、「沖縄の少女の被害は、東京の少女より軽いのか」となる。

これは言い換えれば、「福島の健康被害は、東京の健康被害より軽いのか」となる。


これは重い問いだが、本来は「価値に違いは無い」となる。

が、現実として、我々は福島・沖縄を見捨ててきた。

少なくとも、私は見捨てて、安全と電力を享受してきた。

つまり、今回停電と言う不利益を受けても、不公平という資格が私には無い。



現実として、我々は能動的か受動的かは別として「21区内の患者の方が重い」と判断したのも同じだ。



ある人は、「福島や沖縄は、利益も受けた筈」というニュアンスのことも言っていた。

「停電する可能性があるとも聞いていなかった」という意見も聞いた。



では、皆さん全員、首都圏の出身ですかと私としては問いたいわけだ。

都内で、東京出身者は10人に1人。

つまり9人は故郷から出てきたわけだ。

何故か・・・。

大雑把に言うなら、「東京に資本が集中しているから」だ。

言い換えれば、「仕事があるから」「稼げるから」「地元に仕事が無いから」

それらがある東京に来て、利益を享受しているわけだ。

ならば沖縄や福島と変わらないではないか。


沖縄や福島は利益を受けたから仕方ないなら、頼みもしないのに東京に来た人達も利益を受けているのだから、仕方ないということになる。


「東電や政府に声を上げて、変えよう」という意見も聞いた。

しかし、歴史が証明している。

沖縄で何十万人が集会しても変わらず、福島や新潟でデモがあっても変わらなかった。おそらくこれからも変わらない。



今度は、我々首都圏の人間がツケを払う番が来たというだけのことなのだ。

自分の番が来た途端、弱者の声を聞いてこなかった我々が文句を言うのでは、筋が通らない。整合性が無い。

筋が通らないのに、声高に叫ぶのを、私は「恥知らず」と呼ぶ。

見捨てた報いに、我々は見捨てられて当然なのである。

感情を抜きにして、冷徹に判断すべき事柄において、「少数の不利益は、社会全体の幸福のために容認する」システムの住人であった我々は、粛々と過ごしてトラブル解決を待つしかない。



意図的かは別として、人を傷つけてきた以上、傷つけられて当然。

傷つけると言う行為は、やり返される覚悟があって成り立つものと、私は思う。


スポンサーサイト
このブログを書くようになって、数年経つ。

うれしいこともあれば、悲しいこともあった。

ブログを離れた時間も長かった。

何年も前の記事を読み直すと、「浮かれてる」「やさぐれてる」とよくわかる。

今年1月には、阪神淡路のことも書いていた。

その2ヵ月後に地震に襲われるとは・・。

10年後、日本人はどういう思いで今年の事を語るのだろう。

とてつもない死者を出し、原発は汚染され、東電と政府は非難され続けている。

10年後、日本は原発を否定して火力に頼り、2流国になるか。

それとも技術立国として原発と共にあるか。

ヒステリックに原発を非難する気も無い。

火を使えば火事は起きる。

問題は、それからだ。

本日のブログ、コメントは書かない。
東京都副知事のブログ記事を転載させていただく。

皆さん、ぜひご一考していただきたい。



3月21日15時すぎ、石原知事と京王線幡ヶ谷駅に近い消防学校へ行った。福島原発で活躍した139人の隊員たちの慰労のため。

「皆さん、ほんとうにありがとうございます」と、石原知事は涙ぐんで慰労した。

消防隊幹部と現場の状況について報告を受けた。問題点として、政府・東電の指揮命令系統が明確でないことがわかった。今後の現場の活動をよりスムーズにするために、以下の点を記録しておきたい。

○ 本部は原発の現場より20km離れたところに前線指揮所が設置されている。

○ 地震発生当初は現場と前線本部をつなぐ、無線の状態が悪く、現場の状況がよくわからないようだった。

○ 現場を知らない本部の人達から、東京消防庁が現場で判断した方針を変更するよう度々要求された。

・放水は当初4時間の予定だった。その後状況を勘案し、必要に応じ再度放水することにしていた。しかし、連続して7時間放水し続けるよう執拗に要求された。結果として、7時間放水することになったが、そのため2台ある放水塔車のうち1台がディーゼルエンジンの焼き付きにより使用不能となった。
・東京消防庁にて海から放水塔車までの給水ホースの設置ルートを800メートルの最短距離で、設定していたが、遠回りにするように執拗に要求された。
・「俺たちの指示に従えないのなら、お前らやめさせてやる」の発言もあった。

○ 職員の命を預かる隊長としては、現場をわかっていない人達に職員の命を預けるわけにはいかない。

○ 消防庁は、自衛隊の指揮下に入ったが、現場の自衛隊員と消防庁の職員とはお互いに協力して、事態に当たった。

○ 防護服は放射能を遮断できない。そのため、各職員が携帯している積算被爆放射能計と活動時間の管理を厳密に行った。

○ 放水は16名によって行った。隊員の状況に応じていつでも交代が出来るように、その後ろにバックアップの職員を待機させながら、放水した。

○ 東京消防庁が放水する際に使ったホース800m(口径15cmドイツ製)を今後も活用できるように、現場にそのまま残してある。普通のホースは6cmである。今回の太いホースはオランダで使われている特別製のもの。

○ 原発への放水には大阪市、横浜市、川崎市など政令指定都市からも申し入れが入っている。以後、放水塔車や特別製ホースなどインフラを使ってもらうなど調整は東京消防庁が行っていく。
私の叔父夫婦は、福島の南相馬市小高区の住人です。

地震直後、連絡が取れ無事でした。

その後、街の海側が津波で壊滅。

翌日、再度連絡が可能で、無事でした。

しかし、原発の退避エリアなので、いろんな人にツイッターなどで聞いたところ、小高町の住人は北部の避難所を転々としているらしいと聞きました。

心配しています。

助けに行きたくても、線路も道もガソリンも無く、行けません。

ツイッターでも、物資が来ないと悲痛なSOSを上げている方を多く見ました。

しかし、埼玉では笑顔でショッピングカートにラーメン・パン・米を山盛りにして「買占め♪買占め♪」とはしゃぐ人たちを見ました。

われわれは、神戸の震災を知っています。

なぜ、我々は過去の経験を生かせないのでしょうか・・。

東京電力の輪番停電、実施エリア全一覧がアクセスしづらく、見られない方多いようなので、私のサイトにアップしました。

役に立てばいいのですが・・

うちも停電しますけど、関東のみんな、東北を支えましょう。

4月になっても続くかもしれませんが、頑張ろう。

都内22区の人(荒川以外)、電気使いすぎてる店を見たら、びしびし注意して!


全データはこちらで
http://happymail.matrix.jp/happy/

けっぱれ!東北!

補足

3/14未明の時点で、東電サイトにアクセスできない方が多く、代わりにと思い徹夜で携帯サイトを作成し公開しましたが、ヤフーなどのサイトで停電情報の公開などが始まりましたので、情報錯綜を防ぐため、携帯サイトの公開を停止します。

1日だけの携帯サイトになりましたが、お役に立てればよかったと思います。

ヤフー知恵袋で、携帯ユーザーの方がお困りのようだったので、知恵袋内でサイト情報をお伝えしたのですが、商用サイトでもなく広告も張っていなかったのに、知恵袋の使用を制限・取り消しされてしまいました・・。

それでも何百人かのお役に立てたみたいですから、それでいいです。

しばらく国民全員が混乱すると思いますが、頑張りましょう。

再補足

東電の更新が夜中なので、ひたすら更新を待って、更新され次第情報を最新のものに変えています。
個人サイトなのですが、極力チェックし、更新しています。

なんとか役立つようにやってみます。万が一、停電などで更新できない時は、申し訳ありません。許してください。

再々補足

2/22

最新情報の安定的な配布が浸透してきましたので、2/22で情報記載を一旦停止します。

また同様なトラブルの際には、微力ながらお力になりたいと思います。
本日午後2時過ぎに、東日本を大地震が襲いました。

皆さん、ご無事ですか。

埼玉県北部は、震度5-6程度で、揺れが長く続きました。

親類に確認したところ、福島県浜通りもひどく、直後は連絡が取れ、無事を確認できましたが、その後連絡が取れません。

都内は揺れが過去無かったほどにひどかったらしいですが、無事でした。

青森県北部も揺れが大きいものの、内湾への大きな被害は無いようです。

皆さんのご無事をお祈りします。
以下、ヤフーニュースより

民主党の土肥隆一衆院議員が先月27日に「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として訪韓し、日本政府は竹島(韓国名・独島)領有権の主張をやめるべきだとする同連盟の共同宣言を発表した記者会見に出席していたことが9日、明らかになった。土肥氏は取材に対し、事実関係を認めた上で「発表の場にいたことはうかつだった。共同宣言の内容をよくチェックすべきだった」と述べた。

 日本政府は竹島を「固有の領土」としている。これについて、土肥氏は「政治的には日本の領土だが、話し合いはすべきだ」と述べ、交渉で解決すべきだとの考えを示した。

 土肥氏は、民主党の菅直人首相グループの幹部。首相は9日夜、土肥氏の行動について「大変遺憾に思っている。竹島は日本固有の領土だ」と不快感を表明。「しかるべき形で対応することが必要だ」と述べ、事実関係を調査する考えを示した。





土肥隆一衆院議員についてウィキより

経歴

朝鮮の京城出身。福岡県立修猷館高等学校卒業、東京神学大学大学院修士課程修了。大学院修了後、日本基督教団所属の牧師として宗教活動を行う。

日本社会党所属の衆議院議員・河上民雄(河上丈太郎の子)の秘書をつとめた縁で、河上の引退後に地盤を引き継ぐ。所属政党は現在までに日本社会党(1990年-1995年)、民主改革連合(1995年-1998年)、民主党(1998年-)。

民主改革連合では幹事長を務めた。社会党では右派で、公認漏れとなった左派の岡崎宏美とは総選挙で3度にわたって争った。

2004年、年金未納問題の際に未納期間があったことが発覚した[要出典]。

現在も日本基督教団の現役の牧師として、理事長を務める社会福祉法人傘下の授産施設「恵生園」(兵庫県朝来市)に併設された「和田山地の塩伝道所」で説教を行っている。


韓国への謝罪運動

2007年8月14日、日韓キリスト教議員連盟の日本側代表として「2007釜山-板門店-平壌(PPP)十字架大行進」に参加し、「日本人は天皇を現人神とする偶像崇拝の罪を犯し、韓国人にも偶像崇拝を強要しただけでなく、植民地や占領地に神社や神宮を立て参拝を強要した。過去を振り返り、われわれ日本人が犯した罪を主の名の下に告白し、謝罪する」と発言した。

2010年8月19日、民主党所属の国会議員として「韓日過去史の解決と未来に向けた平和議員会議」に参加し、韓国の国会議員との間で日本による韓国併合の違法性、戦後補償と慰安婦問題、在日韓国人の地方参政権問題などの解決方法について議論した。


竹島領有権放棄問題

2011年2月27日、日韓キリスト教議員連盟の日本側会長として、竹島領有権の放棄を日本側に求める「日韓共同宣言」に署名し、韓国の国会で韓国の議員らと記者会見を行っていたことが同年3月9日に報道された。

土肥は産経新聞の取材に対し、「個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と語った。

拓殖大学の下條正男教授は「軽率すぎる行動で、領土問題の根幹をまったく理解していない」と批判した。

なお、上記記事が発行されると、即座に公式ウエブサイトを閉鎖した。







ここより本日の感想

これで民主党は売国奴と帰化人の集まりであることが明らかだ。

しかし、彼らを責めまい。

なにしろここは民主国家、結果を受け入れるなら何を言ってもいい民主的な国だ。

サイトを閉鎖しても逃げ回って、責任回避するのも半島出身らしくていいじゃないか。

彼らに態度を改めろというのは、筋が違う。

野良犬に吠えるなといっているに近い。

彼らは、正しい教育を得ていないのだから、致し方ない。

むしろ同情に値する。




ここで責められるべきは、マスコミである。

麻生をあざ笑い、中川氏を死に追いやった彼らは、民主党を擁護し続けている。

鳥越何某なども、そうだろう。

そして、最大の責任は衆院選で民主党に投票した市民である。

おそらくご同情すべき教育レベルの方たちなのだろうが・・・自分の行動の結果を受け入れ、猛省していただきたい。
一番誰だろうと思っていた主演男優賞は、英国王のスピーチのコリン・ファース。

ラブ・アクチャアリーでイギリス人の作家役をしていた人ね。

まぁ・・多分この人と思いつつも、ジェフ・ブリッジズに取らせたかった。

コリン・ファースといって思い出したのが、内縁の妻で子供を1人もうけた女優のメグ・ティリー。

サイコ2で主演した切れ長の目のクールビューティー。

子供の頃からホラー映画は怖くて嫌いだったが、メグ・ティリーが美人すぎて最後まで見ちゃいました。

映画は子供の頃から何千本見ていると思うが、最近の映画館は大作ばかりで昔のようにバラエティが無い。

ヒットするかわからない映画をかける度胸が無いから、アバター上映するかみたいに、リスクを恐れてるんだろうと思う。

学生時代から通った名画座も次々と消え、後発だった恵比寿の映画館も消えた。

劇場公開を経ず、DVDになるのも多いし、そもそもDVDにさえならない映画も多い。

そんな映画の中にも佳作は多く、本当に残念だ。

映画館は増えているのに、上映作品は減り続けている。

映画料金下げれば、復活しないだろうか・・。

あの照明が落ちて、幕が開くドキドキする瞬間。

あの高揚感はDVDでは味わえないのが、残念だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。