御訪問ありがとうございます。 ここでは日頃、感じることを思うまま、ニュース・日常・趣味等をテーマに書いていこうと思います。 HP本館もありますので、是非御来館ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ホームページを皆さんに代わって、私が作ろうと思うというブログを書きましたが、
なんとかサイト完成しました。


こちらです。

取り急ぎ、2日で作ってみたので、まだちょっと穴があるかもしれませんが、
よろしければ見てみてください。

サイトを作って欲しい人も、募集中です。

気軽にご覧ください。

ブログを書いている人も増えましたが、それでもまだ自分のサイトを持ってる人は、
少ないものです。

今後は先ほどのサイトで、いろんな人のサイトを作っていこうと思っているので、
よろしくお願いします。
スポンサーサイト
「元気があれば、何でもできる!!元気ですかーっ!!!」




キャプテン☆山手改め、アントニオ☆山手です。





わしと、不良少年団を乗せた電車が次の駅に着いた。




アントニオ☆山手は彼の髪を掴み、
腰を落とし前腕部を頬骨に当てる基本に忠実なへッドロックのまま、
電車からホームに降りる。


「ホームに行けばどうなるものか。危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。
踏み出せばその一足がみちとなり、その一足が道となる。
迷わず行けよ、行けばわかるさ。ありがとー」



そんな気も知らず、他の客は、全員事なかれ主義。


闘魂が足りん!!そんなことではレスラーになれんぞ!!


「どーですかぁ?お客さーん!!しゃあ、来い!!長州!!」


アントニオ☆山手は後日こう語った。


「えぇ、あの時はホームがセルリアンブルーのリングに見えました」



頭の中では、例の声が・・。

「いつ何時、誰の挑戦でも受けるっ。しゃあ来い、このやろうぅ щ(゚Д゚щ)カモォォォン♪」



「おまえら、自分たちが手出しても、誰もやり返さないと思っててるだろ」


「世の中、物分りのいい優しい大人ばかりと思うなよ」


「わしは、いざとなったら損得抜きだからな、運が悪かったな」



少年団と、蹴られたおじさんもリングイン。



タッチもしないで、リングに入ってこようとする連中を威嚇しながら、
ヘッドロックからフロントチョーク、そしてスイング式DDTに行こうとしたところ、
騒ぎを聞きつけ、駅員が・・。

10分後には警察官が・・。

リングを交番に移す。


少年団は「暴力暴力」と言いたて、おじさんは「いや、彼は・・」と説明。


この時点で、アントニオはアドレナリンが耳垂れする位メーター振り切っているので、
「なら現行犯で噛め噛め。そのかわり、お前らもガラ持っていかれるからな」


タレ出せ出せ、こっちは暴行未遂の告訴状出すからな。不受理にはさせんぞ。
告訴状出したら、捜査義務が生じるんだよ。お前らも帰れんからな。」


ゆるふん、いじめて楽しいかっ。あんばこ入れたれや」


「そいつらもレツだろが、うたうまで返さんぞ」


ハコに来たからって、どうってことないぞ。イットウ、わしでいいから、
おまえらも帳面下げてるなら、間抜け面してないでお前らが先にこいつらにバンでもかけろ!!」




(飛び交う業界用語)



今の会話をアントニオが皆さんのために、念のため翻訳させていただきます。


Repeat after me



「それでしたら、現行犯で捕まえたらいかがですか?
その代わり皆さんも家路には着けなくなりますよ」


「被害届けを出されては、どうですか?
こちらも告訴状出させていただきますが・・・」


「非力な方をいじめるのは、どんなものでしょうね。
留置場に入れられてしまいますよ」


「その後ろにいる方たちも、お友達ですよね。
そろそろ正直にお話ししませんか?」


「交番に招いてくださって、ありがとう。
ところで警察手帳お持ちのようですから、彼らとご歓談してはいかがですか。」

となるようですね♪


by MHK教育テレビ「警察用語会話集」より出典。

いざというときに役立つアラビア語会話集「いいえ、これは小麦粉です」も絶賛発売中。

お近くの書店でお買い求めください。




アヒルが・・失礼しました・・。言い換えます・・。
巡査さんが「まぁ、お兄さんもそんなにキレないで・・」


「キレてる?キレてないですよ。
わしキレさせたら、たいしたもんだ(゚Д゚#)ヴォケ!!」(長州小力風)



こんな時に、ネタを振るなっ。反応してしまったろうがっっ。


小一時間後、少年団のセコンド(親)到着。


議論と説教の後、少年がやっとおじさんに「すいません」と謝罪。



わし「すいません?あぁん?ごめんなさいだろうがぁ!(゚Д゚)クワッ」



3カウントは取れなかったものの、セコンドのタオル投入で勝利。

おじさんとメルアド交換して別れ、電車に乗り、控え室(自宅)に戻る。

2時間の帰り道のはずが、5時間も掛かってしまったので、
わしのセコンド(元連れ)に事後報告。

「はぁ?またぁ?( ゚Д゚) 」(北斗晶?)

(´;ω;`)ウッ・・・

「間違ってはないけど・・まったっく・・たいがいにしとき。!(゚Д゚)クワッ」

((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

アントニオ戦意喪失・・。

|дT)<ごめん・・もうしません・・



こうして高崎線の治安は守られたが、
少なくとも少年<わし<<<<<<<<<元連れの力関係は明確になった夜だった・・。
12月にサイト構築の打ち合わせに日本橋の本社に行き、
5時過ぎまで会議に参加したことがあった。

今は埼玉の配送センターにいるので、高崎線に乗って帰宅。

するはずだった・・・。

5時過ぎの上野駅は込んでいたが、始発駅ということもあり、
なんとか座ることが出来た。

降りる駅まで1時間以上かかるので、座れないとチトきつい・・。

「ああ、座れた」と思ったのもつかの間、2駅目で目の前に初老の男性。

「どうぞ」

『ありがとうございます。すいませんね・・』

温和そうで、小柄な方でした。


しばらくして、大宮駅に到着。

高校生らしき男女グループが7-8人乗り込んでくる。


ここで、わし35年の人生に初の衝撃がっっ!!

そいつら(敢えてそいつら呼ばわりする)が、ドアの前に座り込み、
お菓子を食べたり、化粧をしたりしはじめた・・。


Σ('=';) ハッ!!こっ・・こっんなやつ・・ほんとにいるのか・・


この時点で、わしウズウズしているのである。


わしが子供の頃は、電車のシートに正座して窓から外見ていても、
うちの親父に「シャンとしろ」と張り飛ばされていたというのに・・。


以下、わし心の声。
「いかんいかん、(元)連れにトラブルに首突っ込むなと言われてるからな・・」

この時点で、わしの脳内温度70度

「忍の一文字じゃ・・」

(こんなこと言ってても、当時35)


彼らに注意するおばさんがいたが、その女性が降りた後、
「うっせっーよ、ブスババアァがっ」とうそぶいている・・。

ハイッ、この時点で脳内温度80度

席を譲ったおじさんと目が合う。

目が「困ったもんだね」と言っていて、お互い苦笑・・。


込み合った車内で、ドアにもたれ足を伸ばし、やりたい放題。


わしが席を譲ったおじさんが、見かねて注意した・・。


(まずい・・われながら先が読める・・未来が見える・・)

そいつらも、律儀にわしの予言どうりに、舌打ち。


脳内温度90度に到達。


その瞬間、その少年がおじさんの足を蹴った!!


ハイッ!ただいま、脳内温度が沸点に達しました。

皆さん、危険です。白線の内側までお下がりください!

キャプテン山手、会社辞める覚悟しましたぁ。


(わし切れる→事件→警察沙汰→引責退職の覚悟)


ため息ひとつ。振り向きざまの前蹴り!!

(膝蹴りでないところが、わしの心配り)

ちょうどいいところに、少年の顔。HIT!!

周囲、ぎょっとして後ずさり。


少年たちが立ち上がろうと・・もっ1発前蹴り。

わし体重約100キロ。少年、反作用で飛ぶ。



わし「動いたら、蹴るよ」


相手7-8人いるので、内心びびるが、目から江戸の黒豹ビーム!!



解説しよう!!

江戸の黒豹ビームとは、杉良太郎が正義の岡引・駒形の新五を演っている
新五捕物帳という時代劇で、新五が目から出している
「悪いやつは死ね死ね制裁ビーム」
である。

その名前の由来は、主題歌の江戸の黒豹の
「♪乾いた町の片隅で~♪  ♪おまえはなにを探すのかぁ♪
男の怒りか~男の怒りか~江戸の黒豹~♪ 」
からとられたと言われている。
by キャプテン山手心の広辞苑より


人数は多くても、彼らは埼玉のマイナーリーグ。しかも若手。

わしは歌舞伎町育ちの、いわばメジャーリーグ経験者。

しかも、殿堂入り経験も何度かある。(わかる人はわかるよね♪)

やつらがザパス草津なら、わしはレアル・マドリード。

抵抗する顔面にペナルティキック!ハットトリック達成!!

頭の中で「ゴーーーール!!!!」の叫び。



近づく駅!滑り込むホーム!固まる車内!!


次回、「怒涛のホーム編」「不屈の交番編」に続く。

震えて待て!!
帰宅後、ネクタイをはずし、テレビをつけた。

北海道の函館の60歳になるホームレスを取材していた。

3日間、何も食べないでいるという。

寒さ厳しく氷点下の函館では、コンビニのごみは凍りつき、
火の無い彼には食べることも出来ず、公衆トイレで水を飲もうと思えば、
水が凍り飲むことすら出来ない。

彼は60歳、本当なら孫に還暦を祝ってもらう年齢である・・。


「彼らは何とかできるときに、何もしなかったんだろう。自業自得だよ」


そういう意見を聞くことがある。

わからないではない。
言わんとしている事もわかるし、実際そういう人もいるだろう。

ただ、どうにもならなく追い詰められることもある。

私には、彼の気持ちがよくわかる。

私も突然職を失い経済的に追い詰められ、
「どうしようどうしよう」と精神的に追い詰められ、
異常な焦燥感に苛まれた時があった。

手を差し伸べてくれた人がいたこともあれば、さまよい歩いた時も、
星の下で寝たこともある。

理解してほしいとは思わないが、彼の気持ちが手に取るようにわかる。

だから、余裕のある時は彼のような人を家に泊めたりしているし、
今でも心のどこかで「またあんな時が来たら」と恐れている。

ただ私は幸運なことにアップダウンの激しい人生ながらも、周囲に支えられ、
なんとか人並みに生かしてもらってる。



画面が変わり、おいしいお店をレポーターが笑顔で紹介し、
ニュースでは16歳の少年が母を殺し押入れに押し込めたとか、
わが国の最高学府の部員が集団で婦女暴行をして、
「こんなもんでしょ」と言っているとか、
20代男性がメイドをいたずら目的で連れ去ったとか、
どうしようもない気持ちにさせる話ばかり・・。


やはり、何かがおかしいと思う。


60歳ホームレスが、自分の父だったら・・自分だったら・・。
殺された女性が、妻だったら・・。
乱暴された女性が、妹だったら、恋人だったら・・。


画面では、私より年上と思われる男性がコスプレしたメイドを自宅に呼び、
ご飯を食べさせてもらって「萌えー」と喜んでいる。
1時間13000円。
それだけあれば、前述の男性は・・・。


私を含め、想像力の欠落というものは、かくも薄ら寒い社会を形成させる。

本日の日記、整理しないまま書きなぐった。
読み捨てていただいて構わない。
私は5年前、新宿区大久保に住んでいた。

アジア最大の歓楽街・歌舞伎町の表玄関が新宿なら、裏口が大久保である。

街は日本語以外の看板で埋まり、屋台からは嗅いだ事のない香りが漂い、
すれ違う人の多くが日本語以外の言葉を話していた。

夜遅くなれば、さらに顕著になり、家路に着くころには、
パトカーが走り回り、酔っ払いが行き倒れ、暗い路地には娼婦の立つ街だった。

明治通りぞいのマンションだったのだが、車がいなくなることは無く、
騒音がなくなることの無い街。

いわゆる不夜城である。

慣れっこになっていたはずなのに、あまりのパトカーなどのサイレンに表に出たことがあった。

街が騒然としていた。

韓国の人が多いので、ワールドカップの韓国戦の時もすごかったが、
そのときのようだった。

翌日、ニュースでその事件を知った。



「韓国人留学生、線路に落ちた日本人を救おうとして死亡」



誤解を恐れずに言うが、日本と韓国は近くて遠い国である。

歴史が軋轢を生んでいるし、私自身韓国が大好きとも言えない。

韓国人の友人もいるし、在日韓国人の友人もいる。

お互いの家で食事したり遊んだりもするが、
話題によってはお互いに掴み掛かる寸前になる時もあった。

だが、この時ばかりは考えてしまった。

確かに日本人を憎む韓国人は多い。

私も韓国人に対して、憎しみの感情を持つことがある。

しかし、この事件の犠牲者となり無くなった李秀賢さんのことを考える時、
やはり人と人、個人と個人の気持ちというものは変わらないと思わされた。

集団になると、気持ちが変わってしまう。

今後もそうだと思う。私自身も・・。

相互理解にあと数百年かかるとしても、その時に彼のことが両国間の交流の礎になれば、
彼の死の意味というものが、より明確なものになるだろうと思う。

改めて、ご冥福をお祈りする。

カムサハムニダ
ホリエモンが逮捕されて拘置所に入っていると、盛んに報道されている。

3畳半の独房で、トイレもむき出し。
電話もなく、テレビもなく、新聞も15分だけ。
ご飯は麦飯・・。

今まで贅沢してたから、今頃苦労しているだろうって雰囲気だ。


( ̄_J ̄) ん?


3畳半・・?


待てよ・・。


1日3食麦飯・・?


( ̄_J ̄) ん?


お待ちなさいな・・。


わしは、1人暮らしした最初の部屋は・・・
















2畳だぞ!!





でも、銀座だからどこ住んでるのと聞かれて、

「あぁ、わし。銀座」と見栄はってたけど・・。




しかも、部屋の半分ベッドだったから、動けるの1畳だぞ・・。



トイレもついてなかったし・・。



その上、1日3食なんて食べられなかったぞ。




パン屋で、いらないからとパンの耳だけもらって、食べてたんだぞ。




パンの耳スープ(味付け塩だけ)に、パンの耳フライに、
パンの耳ご飯(ちぎっただけ)で、生きてたんだぞ・・。


3畳なんて厚待遇じゃないか・・。しかも3食付・・。
エアコンもついてるし・・。

わしなんて、革ジャン着て、じかに畳で寝てたのに・・。


きぃぃぃぃ。


わしは囚人以下だったのかぁぁぁ だったのかぁぁ  だったのかぁぁ
今日の日記は昨日の続きです。

昨日は、ホームページを始めて2年経ち、今までの経緯を振り返ってました。

1年前に比べても「ブログ」という言葉が浸透してきたし、
やっている人も実際とても多いです。

でも。

周りを見回してみると・・。

実社会で知っている人の中で、自分のパソコン持っている人って皆さんの場合、
どのくらいいますか?

私の場合、友人・知り合い・会社の人含めても、半分いません。

特別、変わった友人構成でもないし、お年寄りばかりということでもありません。

若くてもやってない人は、案外多いです。

仮にパソコン持っている人が、人口の3分の1として、
まぁ、そのほとんどはネットしますよね。当然。

よく見るホームページなんてのは、おそらくみんな持ってるはず。

で、ブログを書いてるのは、400万程度ということは・・。

都民の1/3はブログを書いている計算に・・。なりますよね。

都民は国民の約1/10だから・・・・うーん・・( ̄_ ̄♭)

30人に1人、ブログを書いていることになります。


でも、その30人のうち、ホームページ持っているとなると、
おそらく10人もいないでしょう。

たぶん、身内リサーチだと5人くらいかな。

ブログは作れても、ホームページは敷居が高いと感じてる人は、
案外多いはず・・。

と、キャプテン☆山手は思ったわけですよ。

そこで、せっかく技術も身についてきたことだし、
ホームページを作りたい人のために、ホームページ作成を無料で代行しようかなと考えているわけです。

もちろん、変な壷売ったり、アダルトサイトなんて作りませんが、
たとえば子供のサッカーチームのサイトとか、
ママさんバレーチームのサイトとか、そういう利益目的でない方たちの
サイトを無料で作ってみてはどうだろうと考えています。

作るのに今はお金も必要ないし、掲示板なんかは無料レンタルもあるし。

5―6ページのサイトを完全無料で作る代わりに、リンクを貼らせてもらって。

サイト作りたい人はただでサイトを作れるし、私は相互リンクサイトが増える。

こんな感じってどうでしょうか?

友人に聞いてみたら、「ただはあやしいって思うかも・・。」って言われたりもしたけれど、
私のサイトももう2年、ある程度の訪問者もそれに伴う信用もあります。

だから変な心配とか無用なんですけどね。

興味ある方がいたら、メールとか書き込みを気軽にしてください。

出来る限り、相談に応じます。

・・うーん・・( ̄_ ̄♭) 来るかなぁ・・。
早いもので、ホームページを立ち上げてから、まもなく2年になる。

当初は、ホームページを立ち上げた友人のサイトを見て、
「ほー、いいなぁ」と思いつつも、「わしには無理だろうな」と思っていた。

作成ソフトを買ってはみたものの、(しかもビルダーではなく、制作王)
分厚い説明書と、専門用語に翻弄され、あえなく断念・・。

1年以上ほったらかしにしたものの、やっぱりやってみたい・・。

んで、日記をレンタルすることに・・。

専門知識も要らず、日記を書くだけ。

その頃はブログも知らなかったので、ただ日記を書いて公開するだけ。

当然、読者からのコメントは書き込むことのできない古いシステムだったので、
本当にただの日記。


それでも、読んでくれる友達から面白いとか、つまらないと言われつつも、続けた。

作成ソフトを取り出し、チャットで詳しい人に説明してもらいながら、
掲示板をつけ、文章を書き、少しずつ体裁を整えた。

とりあえずホームページっぽくなり、ひとまずは満足。

がしかし、しばらくすると、友人に「ホームページのデザイン見飽きた・・」と言われ、一念発起。

htmlのタグを自己流で学び、タグを1行書いては確認、訂正しては確認の繰り返し。

トップページを作り、友人に「おぉ」といわれるようになるまでに、1ヶ月かかった。

1ページに1ヶ月である。

それからは、作成のスピードも上がり、現在の形になった。

今では、自分の勤める会社のホームページ作成に関して、
社長に外注業者と比べてもらい、サイト構築を任されるようになった。

まぁ、独学2年にしてはソフトの力も借りず作れるようになったし、
まずまずだろうと思っている。

今年の終わりには、ブログを始める人は800万人を超えるそうだ。

友人もかなりの割合で、ブログを書いている。

が、ホームページを持っているものは、まだまだ少ない。

ブログは簡単にはじめられるように出来ているが、
ホームページに関しては、2年前の私が感じたようにハードルが高い。

それに、ネットを毎日していると誤解しがちだが、
ネットをしている人間というのは、思ったよりも少ない。
パソコンを苦手としている人もまだまだ多い。

そこで、わしは考えた・・。

そのお話は、また明日にしようと思います。
先ほどニュースで、ホリエモン逮捕が報道されていた。

今日は多くのサイト・ブログが、彼の功罪について書き立てることだろう。

まぁ、それはいいだろう。

急激に成り上がり、かといって三木谷氏ほど根回しも上手くなく、
ある意味シンボルとして、現在日本への警鐘のような逮捕劇である。

彼は、私にとってどちらかといって嫌いなタイプだが、応援はしていた。

これからも応援するだろう。
なぜなら、生意気で鼻持ちならない男だが、
言っていることも間違っているとはいえないし、理解できる。

騒動後、テレビなどで「モラルがない」などと言っているが、
以前は時間外取引など、大手でもやっていたし、
彼のような方法をとる会社も少なくなかった。

彼は目に付きやすかっただけだろう・・。

モラルモラルと言うが、商売に関する以上、
モラル違反というなら最初から規制しておくべきだろう。

彼が間違っているとは思えない・・。

それにしても、騒動後「私が以前から言っていたように・・」と、
鬼の首でもとったように言っている評論家のほうが、
信用なら内容に感じるな。

なんにしても、まだ逮捕という段階である。
まだ容疑者というだけだ。
彼には再起してほしいものだ。

もうおしまいだという人もいるが、
あのリクルート事件被告の江副氏はヨーロッパでスキー三昧である。
さぁ、ドリトル先生が始まった!!

エディ・マーフィーの動物コメディ映画。

歴史に残る名作ではないけれど、好きな映画だ。

見るたびにうらやましくなる。

なんといってもドリトル博士は、動物とお話できるからね。


ここだけの話、我が愛犬も言葉がわかる。

「お皿もっておいで」と言えば、お皿を咥えてくるし、
悲しいときには下から見上げて慰めてくれる。

愛犬シーズーのジュエルとはすでに6年。

人間の彼女だったら、倦怠期。
名前を呼んでも背中でも掻きながら「なにー?」ってところだが、
ジュエルは「なに?なに?遊んでくれるの?」といつでもはしゃぐ。

ふと目をやると、いつでもこちらを見ているし、
ベットに入れば、ダッシュして飛び込んでくる。

悩んでいるときに「ジュエル、どうしたらいいと思う?」と質問すると、
首を傾げて考えてくれる。

機嫌が悪く当たってしまった時も、許してくれる。


ふと考えたのだが、ジュエルはもう6歳。
12―15年生きるだろうから、人生ももう半ば。

こいつには感謝しても感謝したりないなぁ。

ドリトルみたいに話が出来るといいのになぁ・・。


「なぁ、ジュエル。いつもありがとうね♪」

我が愛犬は、少し毛深いが最高の恋人だ。





ただ、出来ることなら・・。





ウンチはペットシーツの上にしておくれ。


それから、わしが寝ている間に浴室のスポンジをカミカミするのは、やめてくれる?


ライブドアの粉飾疑惑が原因で、市場が荒れている。

ライブドア関連株は連日のストップ安。

今日は日経平均も盛り返したようだが、東証自体も信用を失いかけているようだ。

ライブドア株は担保価値を失い、株保有者は頭を抱えているようだ。

今日のニュースで、今回の下落で1500万を失った主婦が出ていた。

涙ながらに「バカエモン」とののしり、「金返せ」と喚いていた。

昨年のライブドア騒動以降、個人のトレーダーが激増し、
市場にも大きな影響力を持つようになったが、
今日のニュースを見ていて、まだまだ未成熟なのだなと思えた。

株を始めたは自分。
銘柄を決めたのも自分。
株価が上がれば、自分の手腕に酔い、
株価が下落すれば、人のせい・・。

リスクが伴うことは承知だろうに・・。

気持ちは十分に理解しつつも、金に踊らされる姿が虚しい。

福田元官房長官が靖国問題に対して、苦言を呈した。

以前からこの方は無宗教の施設を作るべきだと言っている。

国民の支持を得たのなら、それもいいだろうと思う。

だが、その主たる原因は中国・韓国・北朝鮮に対しての配慮だろう。


思うのだが、彼らが遺族や靖国を支持する国民を説得し、
仮に納得させて、新施設をつくることが出来たとしよう。

その時は、かの3国と手に手をとる時代が来るとでも言うのだろうか。

否。それは望めないだろう。

中国・北朝鮮は、民主化選挙も行われない一党独裁国家。
韓国は反日をアイデンティティーとする国家である。

彼らの希望通りにすれば、今度はここが気に食わないとでも言い出すだろう。

米国大統領がウェリントン墓地に墓参りするのに、
彼らが文句を言っているのを聞いたことがない。

彼らは日本を、日本の国民をなめきっているだけだ。

原因をひとつ取り除いたところで、ほかに因縁のつけようなどいくらでもある。

やくざのようなものだ。

自らが正しいというならば、恐れる必要などないと思う。


福田氏は有能な政治家と思うが、彼の意見には断固反対する。

イギリスの諺にもあるが、
「ねずみにミルクを与えれば、次にチーズを要求してくる」だけだろう。
友人とは、なんだろうか。

私にとって、友人とは「命綱を渡せる人間」であり、
「自分の死後、女房子供を安心して託せる人間」と考えている。

そう考えると、ほぼ皆無といっていい。

それに当てはまらなくとも、一般的には友人という言葉を使うものが多い。

私の感覚で言うと、仲のいい「知り合い」程度なのだが・・。

だから、友人という言葉に若干の違和感と抵抗感を感じる。

本当に気を許し、腹を割れる相手になると、
友人を飛び越し、家族的な感覚を感じる。

友人といいつつも、妻のように感じるものもいるし、
妹のように感じるものもいる。

友人など必要ないと強がっていたが、彼らなしでは心細く、
一人で立っていられない。




浜田真理子という方の言葉に、次のようなものがある。

「そんな 中途半端な愛ならどうぞ 持っておかえりください

そんな 中途半端な愛でも喜ぶ誰かにおあげなさい」

この場合の愛は友情に置き換えても、この言葉は力を失わない。

そんなことが、最近心を捉えて離さない。




これを読んでいるかもしれない「君」に届くとは思っていないが。
今日のニュースは、ライブドアやヒューザーのニュースが多かった。

もちろん我々は日々流れる日常に生きているのだし、
考える暇もない生活の中にいるわけだから、
目の前の出来事に注目するのは致し方ないことだ。

だが、今日はあるひとつの事件の締めくくりと、
ひとつの出来事の忘れてはならない日であった。

ひとつは宮崎勉による幼女連続殺人の最高裁判決。
当然であるが死刑判決で、彼の死刑は確定。

17年前の酷い事件。
当時私はまだ成人前だった。
現在、子供を持っていたとしても不思議のない年齢になると、
あの事件の酷さが一層に際立つ。

考えてみると、あの事件以後、猟奇的な事件も増えた。

17年の裁判の後、彼の命はいずれ絶たれることとなるが、
原因究明など、後味の悪さを感じる。
解決とは程遠い・・。


もうひとつは、阪神淡路大震災。
もう11年たつという。

被害者は6500人近く。
知り合いにも被災者がいるが、傷未だ癒えずである。

本来であれば、亡くなった方たちと話すこともあったろうし、
友人になるはずだった人物もいたかもしれない。

人生半ばで無念にも幕を下ろさざるを得なかった方たちのことを思うと、
マンション偽装疑惑の証人尋問も虚しく響く。

ご冥福をお祈りいたします。
テュッ テュッ テュッルルル (CTUの着信音)

「バウアー!!」

というわけで、24・4シーズンに夢中なキャプテン☆山手である。

24というドラマはご存知の方も多いと思うが、
CTUという対テロ対策ユニットで起こった事件を
24時間リアルタイムで見せるという24話構成のドラマ。

シーズン4まで公開されており、今年はシーズン5が公開される。

で、昨年末からシーズン4を見て、すでに22時間分見終わった。

テロリストにより、核ミサイルが米国内で発射され、
「さぁ、どうする!!ジャック!!」というところなのだが・・。

きぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

最後の1枚のDVDが再生エラー!!!

( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!ガーンガーンガーン

なんでぇぇ、ここまで見れたのにぃぃ!!

返すの明日だぞぉぉ

気になる・・・気になって仕方ない・・。

が、ストーリーはまだ知りたくない・・

||||||||||||||(_ _。)ブルー||||||||||||||||



で、中のあるエピソードが気にかかった。

あなたは政府直轄組織の決定権のある人間。

その場の医師は一人。

緊急で心停止状態の危篤の人物が目の前に二人。
今すぐ蘇生させなければ、どちらも死亡する。


一人は核ミサイルの在り処と、テロの首謀者の居所を知っている容疑者。

一人は自分にとって、大切な人物。
まぁ、家族と思っていいだろう。



容疑者を死なせれば、何十万人という死者が出て、犯人も逃す。

かといって、容疑者を助ければ、大切な人が死ぬ。

迫る時間。一刻を争う。

さぁ、どちらを助けるべきか。



これこそ、究極の質問である・・。

家族を助ければ、何十万の命が失われる・・。

かといって、家族も見捨てられない・・。


主人公ジャック・バウアーは判断を下す。

その判断はドラマを見てもらうとして、あなたならどうする?





おまけ。
24のCTUで、電話の着信音に使われている音を見つけました。
ファンにはたまらないかも・・。

これです。

保存してお使いくださいね。
今年に入ってパソコンのOSをXPに変えた。

おかげで今まで導入することの出来なかったソフトを使えるようになった。

フラッシュもそうだし、スカイプもそうだ。

普段、友人たちと話すときはヤフーのメッセンジャーを使っていたのだが、
最近はスカイプを導入し使っている。

メッセでは、やはり音質も悪く接続も不安定だったりしたのだが、
スカイプにしてからは、すこぶる快適である。

相手があくびをしても、タバコに火をつけたことさえ気配でわかる。

実際隣にいるようで、話していて楽しい。


ネットも2000年を越えた辺りから日本でも本格的に普及し、
世界でも日本は有数のネット環境が整った。

一昔前なら、海外に赴任すれば浦島太郎といわれるように、
日本での事情に疎くなったものだが、ネット時代になってそんなことはなくなった。

たしかにハード面の発達により、地球は狭くなった。

世界中どこにいても、オンラインさえすれば意思の疎通が出来るようになった。

インテルでは、電気が来ていない地域のために、ダイアルを回して発電すると数分間使えるパソコンまで開発している。

快適な時代になったとは思う。

このブログでも、たいしたことでもないことを書き、
自分の意見を発信できるし、すぐに反響の来ることもある。

が、いくら便利になったとはいえ、個人間の距離が変わったわけではない。

いくら距離感という意味が現実感を持たなくなったとはいえ、
個人の間には、感覚の差、感受性の違いというものが依然存在する。

それこそ、100年後にでも記憶の外部記憶化が成功し、
人間の意識が並列化しない限り、解決することはないだろう。

人を批判するときには、自らに対する批判も受け入れる覚悟も必要だし、
なによりも自分が人を傷つけるという行為に対しての覚悟が必要だ。

どんな人間関係にも因果関係というものは存在するし、
喜ぶ人間の裏側には、悲しむ人間が往々にして存在する。

ブログやウェブサイトというのは、個人の意見や感情の発信の場として、
非常に有効なツールではあるが、それと同時に他者に対して
ハンマーにも花束にもなりえることを再確認せねばならないと思う。

それはいかなるハードでも乗り越えられるものではないし、
コミュニケーションという手段以外では解決できないだろう。

完全なる相互理解という言葉が、
たとえ空ろな響きを持つ現実感を伴わない理想だとしても、
人間は相互理解を必要としているし、
毎夜のように繰り広げられるオンライン上の何万という会話が、
そのことを証明している。

ネット上と、現実生活という両者の壁がなくなりつつある今、
われわれは自らの発する言霊の威力というものを考え、
自らを戒める必要がある。

我々の頭の上で鳴り響く祝福の鐘が、
万人の耳に妙なる響きとして聞こえるとは限らない。
仕事が終わり、午後6時。

日も短くなったもので、埼玉の片田舎は真っ暗。

さて、イトーヨカドーに行こうか・・。

でも、なんか疲れたし・・。

マックにでも・・。

お行儀よく並んで、順番待ち。


「おまたせしましたぁ!」


さぁ、オーダー。

しかし、これが気を使うのだ・・。

わしの場合、マックだと4個はバーガー類を注文しないと満腹にならないのだが・・。

コイツ、一人で4個も食うのかよ・・とも思われたくないしのぅ・・。

「じゃ、持ち帰りで、マックチキンコンビ2つと、単品でダブルチーズーバーガーと、エビフィレオをください」

「申し訳ありません、エビフィレオは13日からになります・・」

「じゃ、照り焼きで・・」

で、バーガー4つと、ポテト2つを持って帰宅。


二人分買ったように見えたろうか・・それとも一人で食べるように・・。

まぁ・・どっちみち一人で食べるんだけどなっ!!

┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・


家で食べつつ「エビフィレオ食べたかったね。ジュエル」と愛犬と食事をしていて、
Σ('=';) ハッ!!と気がつく。

エビフィレオは当然、エビがメイン。

そしてCMのタレントは蛯原友里。

エビとエビちゃん!!

なるほど!!エビだけにね!!!




このことに今気がついたわしは、相当鈍いのだろうか・・。
私はさほどスポーツというものを経験していない。

学生時代には、柔道・空手・レスリングなどの格闘技ばかり。

同級生が野球やテニス、ラグビーなどで女子生徒の黄色い声援を浴びているのを、
柔道場の小さい窓から眺めていたものである。

社会人になってからは、友人たちに誘われてテニスなどもやったてはみたが、
「楽勝だよ」と馬鹿にしていたわりには、コートの中をドタドタとすり足で走り回り、
しまいには呼吸不全になりそうな始末だった。

建築現場でバイトしていた時に、腕力不足を実感して、
鉄筋の束を休み時間にバーベルのように上げ下げしたのをきっかけに、
ウェイトトレーニングを始めた。

これが実に面白い。

観客もなく、人に見せることもないのだが、確実に結果が出るのである。

3週間もやれば、腕は太くなり、肩は引き締まる。

10キロのダンベルを安く買ってからは、さらにはまり、
今では70キロのバーベルまで部屋に転がっている。

食べ物に気をつけ自己管理を怠らずに練習していくと、
1年もしないうちに別人のような体になる。

発達し硬くなった上腕二頭筋を見て、にやりとし始めるのである。

そう・・・。

世間で言うナルシストになってしまう禁断のスポーツなのである。

そうなると夏が楽しみでたまらなくなる。

電車に乗って、つり革につかまると・・・、

「さぁ!来い! 俺の筋肉!!上腕二頭筋ちゃん♪さぁ!来い!」の世界である。

冬になれば、ベスト型の着れるタイプの20キロくらいのウェイトを着込んでいたものだ・・。


しかし、パソコン関係の激務についてからはそういう意欲もなくなり、
いつしか体型は丸くなり、前足といわれた太い腕も普通の手になった・・。


そして、2006年、キャプテン☆山手36である。

あるスポーツを始める決意をいたしました。

それは・・・









「ボーリング」



ボーリングといっても、パイプを両手で地面にめり込ませて温泉を掘ったりはしませんよ。

約6キロのボールをレーンに叩き込み、ピンをねじ伏せるあのゲームである。


聞けば、友人たちがボーリング大会をやり、経験者は楽しい楽しいという。

老いたりとはいえ、わしは腕力に関しては一家言ある男である。

要は6キロのボールで棒をなぎ倒せばいいんだろう。

やってやるさぁぁぁ。



で、早速マイボールの購入をたくらむキャプテン☆山手である。
今日は今年の大河ドラマ「功名が辻」第一回放送日。

世が動乱から統一期の官僚制に向かう中、よく言えば夫婦助け合い、
悪く言えば妻が夫をうまくおだてて、内助の功で立身出世させるというお話。

今の世相をうまく反映させ、世のお父さん方に「うらやましい」と思わせたら、
ドラマとして成功だと、製作者も語っていた。

見ていて、ドラマというよりも歴史というものは実に面白いと感じた。

戦国期の四国は、群雄を長宗我部元親が統一し、秀吉の時代に統一国家に組み込まれる。

関が原・大阪攻めでは西軍に属し滅ぼされ、
後に今回のドラマの主人公である山内一豊が治めることとなる。

長宗我部時代の侍は、山内家では300年間冷遇され続けることとなり、
明治維新前夜の武市半平太や坂本竜馬を輩出する下地になる。

明治維新後は、土佐が中心となり公民権運動が活発になり、
大正・昭和期に引き継がれることとなる。

400年以上前の出来事が今の時代の要素であり、
こう考えると連綿と引き継がれる因果関係というもの自体が、
歴史なのだなぁと気づかされる。

歴史大河ドラマといいつつも、世の中で冷遇される父ちゃんたちは、
1年間甲斐甲斐しくもチャンネルを合わせることになるだろうが、
それはそれ、ドラマとして楽しみたいものだ。

しかし、役所公司の信長役を超える信長はなかなか出ないなぁ・・。
今宵は警部補古畑任三郎の最終シーズンとも言うべき3夜連続放送の最終夜。

最終回のゲストは松嶋奈々子。
最後の瞬間にかかっていた曲は「ラストダンスは私に・・」

完全犯罪を暴かれ、罪を受け入れた犯人に、
かつて捕まえた女流漫画家のその後の人生を話し、
「いつでも人は生まれ変われる」と肩を押す。

その女流漫画家とは、古畑任三郎第1回放送「死者からの伝言」で
中森明菜が演じた犯人・ちなみのことである。

思えば第1回放送は94年の4月だった。

早いものですでに2006年。

12年の時が流れた。

古畑といえば三谷幸喜の出世作であり、今泉君こと西村雅彦の出世作でもある。

放送開始当時、三谷は演劇界で注目を浴び、織田裕二主演のドラマなどを手がけていたが、
まだまだ知らないものの多い存在であり、ましてや彼の主催する東京サンシャインボーイズの面々は無名といってよかった。

彼らはこの作品で世に出ようと誓ったそうだ。

私が彼らを初めて目にしたのは、1992年頃の下北沢・本多劇場である。

今では名作中の名作と呼ばれる「ショウ マスト ゴー オン」の初演であった。

80年代から90年代初頭、演劇界、特に小劇団といわれる若者中心の劇団は、
今にして思えば綺羅星の如き様相だった。

第三舞台の鴻上尚史、スーパーエキセントリックシアターの三宅裕二、
夢の遊眠社の野田秀樹・・。
そして、東京サンシャインボーイズの三谷幸喜。

彼らの育てた俳優たちを目にしない日はない。

彼らは世に出て、脚光を浴びた。

当時、私は銀座で新聞配達をして得た少ない金をポケットにねじ込んでは、
スズナリ・本多劇場・シアタートップス・タイニイアリスなどの小屋に足を運び、
つかの間の夢を見ていた。

そのころの演劇ファンのバイブル「演劇ブック」は未だに捨てられずにしまっている。

彼らが成功し活躍するのを喜びつつも、劇場でいい味を出していたにもかかわらず、
今では目にすることもなく、普通の生活を送っているだろうと思われる役者に思いを馳せる。

彼らはどんな思いで、今夜の古畑を見ただろう。

下北沢・新宿・池袋の劇場で覇を競っていたかつてのライバル達をどう見ていることだろう。

ふと、そんなことを思った夜である。



それにしても・・・。




例の洗面器を頭に乗せた男の話は、いつ明かされるのだろうか・・。


やはり、桃井かおりが墓まで持っていってしまうのか・・。

それはまた「別のお話」である。
本日で正月も早3日。

今日は楽しみにしていたドラマが・・。

新撰組と古畑のダブル三谷幸喜である。

ただいま古畑録画中です。
(新撰組は知り合いにお願いしました。)

今回の新撰組は土方歳三。
そう、私が敬愛してやまない新撰組副長です。

盟友近藤勇が斬首された後も、会津・函館と転戦し負け知らず。

函館政府の榎本総裁が降伏を決めた後、一人で官軍に斬り込んだという説もあるし、
土方一人を死なせられないと、新撰組隊士が追従し全員討ち死にしたという説もある。

いづれにしても土方の遺体は見つからず、今も函館のどこかに眠っている。

ドラマで見ると、まるで大昔の話だがまだ200年もたっていない。
せいぜい150年ほどだ。

それもそのはず私の家は元会津藩士。
祖父の祖父は子供のころ、刀を差していたそうだ。
思いもかけぬほど、最近のことである。

反面、150年という時間が長いことも事実。

150年といわず、10年前の首相でさえ「誰だっけ」という浮世である。

今年の大河ドラマは義経だった。約900年位前かな。
石田三成は400年ほど前。
赤穂浪士は300年くらい。

彼らの名前を知らない大人はいないだろう。

赤穂浪士は47人、一人残らず名前が残っている。
反面、吉良家の侍など誰も記憶していない。
せいぜい清水一学くらいだろう。

新撰組も然り。
隊士の名は残っているが、彼らと戦った浪士の名前は彼らほどの印象を与えない。

彼ら隊士に生き様に対する憧れもあるだろうし、
不遇の死を遂げた彼らの人生に美しさというものを感じるからこそ、
150年たった今もドラマとなり、人々に影響を与え続けている。

現代に目を移す。

隣国の三馬鹿トリオに恫喝され、問題になるのならと・・、
靖国もやめましょうかという雰囲気・・。

しっかりした理念に基づいているのならまだしも、
お隣さんに言われてもめるのもなんですから、やめましょうよ・・。
って雰囲気・・。

隣国は勝てば官軍とばかりに、シーレーンを握り、海軍を作り変え、軍拡軍拡の20年。

まるで幕末前夜ではないか。

この時代にも、後世に偉人として名を残す人間はいる。
恥ずべき男として名を残すものもいる。

意地を徹すものもいれば、
女房子供を差し出して薄ら笑いをして媚びる連中もいるだろう。

はてさて、200年後ドラマの主人公となり、
若者の心に火をつけるのは、いったい誰か・・。

虎は死んで皮を残し、人は死んで名を残すというが、
真に昔の先人は賢い言葉を残したものだ。




付け加え。
先ほど、土方副長の亡くなった時の年齢を始めて知った。
34歳である。
2歳年下。
反省しきりである。
皆さん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さてさて、新年も明けたというのに部屋にこもり、
パソコンの作業をしていました。

遂にウィンドウズXPを購入し、インストールする日が来たのです!!

さらば!ウィンドウズ98! 

あばよ!ウィンドウズME!

ようこそ!XP!!!


特にME・・お前には泣かされたよ・・。

何度、手書きのHTMLを書いてるときにフリーズしたことか・・。


しかし、別れとなると出来の悪い子ほどかわいいもので・・。

さようなら、ME・・成仏しておくれ・・。


何故、あれほど周りに言われてもXPにしなかった人間が、
元旦早々4時間もかけて、アップグレードしたのか。


それはひとえに自宅サーバーの為。

ネットを見るだけならまだしも、サーバーを立てるとなると
悪意のあるハッカーやウィルスに汚染されてしまう可能性もあるわけで、
やはりここはセキュリティ能力の高いXP大先生においでいただこうとなったわけです。

見るだけから、発信する側になると、ここのところが大事だそうです。
(自宅サーバーサイトの受け売り)

思えば、ソフトを導入しようとしても・・。そこには・・。


「対象OS・・ウィンドウズXP」の文字が

何度私の前に立ちはだかったことでしょう・・。


しかし、今日からは晴れてXPユーザー!!

┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・


明日はサーバー用のソフトをダウンロードして、
夜は新撰組と古畑任三郎だー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。