御訪問ありがとうございます。 ここでは日頃、感じることを思うまま、ニュース・日常・趣味等をテーマに書いていこうと思います。 HP本館もありますので、是非御来館ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学生の頃は、夏休みに見る甲子園の高校生たちがやたらと大人に見えたものだった。

現在30代後半以上の者は、20年前の甲子園を覚えている。

私は野球と言うものに特別な興味を持っていないが、
その夏の2人のヒーローは別格として、脳裏に焼きついている。

PL学園の清原と桑田。

彼らに並ぶスターといえば、松井と松坂位だろう。

桑田は巨人球団史上エースナンバーを守った男だし、
清原は日本の野球を引っ張る記憶に残る名選手。

あの夏から20年。

清原は巨人を追われ、桑田は限界を囁かれる。

憧れた男達が、ひとりまたひとりと欠けていく。


絶頂期でやめる選手もいるだろうが、野次に耐え、マスコミに叩かれながらも
打席に立ち、マウンドに向かう古豪の足掻く姿というものに情熱と執念と言うものを感じる。


スポンサーサイト
ただ今、深夜3時過ぎ。

チャットをしていて、寝ようと思ったが、
なかなか眠れずチャットについて考えていたりしている。

ADSLが普及してから、ネット人口が急増しているとはいえ、
ネット上での男女比は良くても3対7。
普通に考えれば、2対8程度だろう。

昭和のビデオ普及にアダルトビデオが大きく影響していたのは知られているところだが、
2000年からのこの5年間は、ネットにとってこの側面が大きかっただろう。

出会い系サイトが急増し、アダルトサイトも悪質化した。

いくら国内法で取り締まったところで、国外サーバーでは無修正アダルトを
こずかい程度の金で垂れ流している。

かつてAOLのメル友募集には、男どもが群がり、
MSNのチャットも同様だったらしい。

他の有料化などにより、無料のヤフーのチャット人口も大幅に増えているという。

かつてのようにボイス・カメラのない時代ならキャラクター勝負の楽しい会話もあったが、
カメラ・ボイスが普及した現在、かつて出会い系に流れた男性たちにとっては、
アダルトツーショットチャットほどのうまみはないにしろ、
ヤフーのチャットは確実に彼らの欲望のはけ口になっている。

数年来の友人の部屋に行っても、愚劣なしもねたを言う馬鹿が多い。

まぁ、女性は男女間の友情を信じていると思い込んでいる人が多いが、
彼らとて期待している点は否めないだろう。

「カメラ見せろ」「いろっぽい声出せ」などなど、
まぁ、持ちつ持たれつの火遊びなのだろうが・・。

わしはそういうIDをログの記録とともに通報・提出してるけどね。

ヤフーも、本人確認書類で確認後、有料化すべきだ。
少なくともチャットに関しては、プロキシ接続など出来ないようにして、
犯罪につながりそうな要素を減らし、悪質な利用者に関しては
当局に情報協力すべきだと思う。

少なくとも複数のID・ニックネームをもてないように規制すべきだ。
悪質な人間に2度目のチャンスを与えるべきではない。


それに過去にチャットで怖い目にあったと言うものもいるが、
そういうものほど通常時に警戒感の欠片もなく開けっぴろげに楽しんでいる。

まさにのどもと過ぎれば・・である。

人間は経験をもって知恵とする生き物なのだから、
経験を生かし、理知的に行動すべきだ。


既婚・独身様々いるが、匿名と言う傘に隠れて、
普段出せない欲望をネットで噴出させているその姿はおぞましいとしか言いようがない。

躾を受けずに育った男連中にそれを期待するのは無駄か・・。

せめて反面教師として、よく見極めよう・・。


報道特集を見て、驚きつつも苦笑した。

東京の渋谷道玄坂や上野御徒町、秋葉原などにある悪質な「絵画商法」の潜入取材。

絵画商法とは、主に若い男性に若い女性が絵画の展示会をやっているので、
見ていってくださいと店内に招き入れると、
係員がつきっきりで数時間掛けて、量産可能なシルクスクリーンを
相場の10倍以上の価格、時に100万近い価格で売りつけるというものだ。

東京で初めて彼らの存在に気がついたのは、7-8年前。
5年前くらいには、相当悪名高く「エウリアン」(絵を売っている奴らという意味)
と呼ばれ、ネット上でもかなり噂になっていた。

基本的に彼らが狙うのは、1人出歩いている気弱なもてないタイプ。

異性に声を掛けられる経験がなく、拒絶の意思を明示できないタイプばかりだ。

まぁ、はっきり言えば「垢抜けないのんきなおのぼりさん」タイプだね。

そうではない目からビームを出して歩いているような奴は、勧誘してもらえない。

わしも、1度店の前を行ったり来たりした事があるが、1度も勧誘してくれなかった。

もちろん、彼ら業者が悪い。
が、浮かれて色気を出し、ほいほい着いて行く方も間抜けには違いない。
授業料は高かったろうが、いい勉強したことだろう。


ちなみに、わしは勧誘してくれないので、自分から行ってみた。

ひまつぶしの冷やかしで、2時間ほどいたのだが、
絵の専門的な話で突っ込むと誰も対応できず、笑ってしまった。

業者連中は、ほとんどが20代前半のアルバイト。

しかも、申し訳ないが、話し方からして馬鹿丸出しの連中だ。

付け焼刃過ぎて、教えてやる気もしなかった・・。



エウリアンの皆さん、その節はジュースご馳走様。

( ̄_J ̄)ノ▽"フリフリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。