日記

ここでは、「日記」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4.jpg

昨晩、15年間1人と1匹で共に暮らしたシーズーのジュエルが亡くなりました。

昨日の昼まで、駆け回り、膝の上にジャンプして乗ってくるほど元気だったのですが、夜になると動かなくなり、動物病院に連れて行く途中に、腕の中で息絶えました。

心臓発作で苦しむ様子も無く、眠るように逝きました。

貧乏な時は共に貧しい生活をし、富める時は共においしい物を食べた連れでした。

とても悲しいのですが、腕に抱いて見送れたのが幸いです。

初めて会ってから、5558日、とても優しい犬でした。

スポンサーサイト
先日、知り合い経由でネットショップの在庫システムの件で、ある楽天ショップのオーナーに会った。

もちろん、前日の晩にその会社について調べた。

来て欲しいと呼ばれた本社は、中央区小伝馬町。

だが、楽天ショップに記載している住所は、銀座1丁目。

その住所を調べると、レンタルオフィスで部屋すらなく、住所表記をするだけの実質的には私書箱レベル。

私に来た話は「楽天ショップしかないから、多店舗システム入れて広げたいと言う話だった」

が、調べると過去にヤフオクに参加しており、そこでwindowsのosの中国版コピーを売りさばいていた。

「うさんくさいなぁ」という印象だが、知り合いから来た話なので、会うにはあった。

会社のオフィシャルページにある店舗責任者の名前は、日本人の女性名義。

ちなみに有名な女性歌手と同じ名前。

で、公開されていない本当のオフィスに行き、その歌手と同じ名前の責任者の方の名前を出した。

が、事務所には男性のみ。3人の男性だったが、中国語を話す方たちで、日本人には見えなかった。

「店長の方は・・」と聞くと、「そんな女性はいません」と笑っている。

「日本の女性の名前にすると、日本人が安心するから・・」と言う事だった。

その時点で、この仕事は受けないと決めていたが、席には着いた。

システムについての話をしてきたが、「そのまえにひとつ・・」と質問した。

楽天に乗っている住所が私書箱である事・責任者が架空の日本人名の事・過去のコピー商品の販売の件。

その事実の説明を求めた。

その中国人オーナーは不愉快そうな表情を浮かべ、「それがあなたの仕事に関係しますか」とイラついた様子。

「事実であるなら、協力出来ない」というと、背後の中国人たちもこっちを見てイラついている様子。

まともな回答をしなかったので、「この話は無かった事に」と断って帰宅した。


こういうケースは、この会社だけではない。

本当に増えている。

国籍は日本なのかもしれないし、中国なのかもしれない。

しかし、商売に誠意も無く、「騙されるほうが馬鹿なんだ」という共通意識は確実にある。

今のネットショップは、確実に中韓オーナーが増えており、もちろん中には誠実な店もあるとは思う。

だが、私が実際に見たケースだけでも複数の店が中韓オーナーで、明らかなコピー商品を売っていた。

顧客にばれて問題になれば退店して、別名義で再度出店する。

多くの日本人は楽天だからと信頼して、再び利用してしまう。


ネットショッピングをする皆さん、買う前にお店の住所検索した事ありますか?

それが私書箱だったり、ぼろアパートでも、高いブランド品買いますか?

ちなみに、「それは楽天だから・・」という方もいるでしょう。

でもそれは違います。

世界的な書籍販売の通販サイトでも、加盟店は参加できて、偽物を売っていて、モール側も知っていながらトラブルになるまでは黙認しているのが実態です。

たしかにネット通販は大変便利だが、もう信頼できるものでは無くなっています。
先日、大手メーカーの運営する文房具の通販サイトの京浜島の倉庫に行って来た。

自分もネットショップの人間だし、今までも何件もの会社の倉庫や物流を見てきたが、今回は驚いたというより、ちょっとしたショックだった・・。

アスクルではないが、アスクルさんのような文房具やコピー用紙やコピー関係の通販サイトの倉庫だった。

親会社は、日本有数のメーカーだ。

通販部門から来た注文データが、ピッキング(倉庫の棚から指定された商品を取り出す事)の現場に来る。

ダンボールにバーコードが貼られ、それを読み込むと、Aという列の棚の上から三番目の右から二つ目にあるから、3個取って来いと端末に指示される。

それを現場の人たちは、スーパーのカートのようなものを引っ張りながら、集めて回る。

話を聞くと、その現場には正社員は1人もいなかった。

1人もだ。ワンフロアに80人ほどいて、数人が契約社員で、残りの70人以上は日雇いのバイトだという。

聞くと、彼らは時給1000円の日払いで、前日の夜に「明日は来い」「明日はいらない」と言われるそうだ。

彼らはカートを引っ張り、端末の命令に従い、無言で1日倉庫の中を15キロほど歩き続けるそうだ。

日雇いだから、仲良しが出来るわけでもなく、1人何個分注文をさばいたかもチェックされる。

ここまで、人間を機械として扱う現場を、10年間ネット通販に携わって見た事が無かった。

それを朝8時から夜8時まで続けている。


効率的。もちろんそうだろう。だが、あまりにも効率的で、非人間的で恐ろしく感じた。

1日11時間歩き続け、2分に1個商品を取り出すとして、1日に330個。

1個商品を取り出すのに掛かる人件費は32円。


これがネット通販に効率と安さを求めた結果だ。

働いている人たちは、バイトや主婦というより、本当にかき集めてきた日雇い労働者の集団という感じで、健全な感じはまったく無かった。

10分休憩も、その場で取る事は許されず、ビルの外で休めといわれ、3分かけて外に行き、雨の中4分立ったまま休憩し、3分かけて現場に戻る。

社員は使わず、注文量に応じた日雇いを使い、暇なら要らないといえばすむ。

楽天スーパーセールの時期で、注文も多く、見ていて同情するほど過酷だった。

こんな事でいいのだろうか。

将来ネットショップで独立したいと思っていたが、ここまで過酷な現場を見てしまって、言葉を失った。

今まで見てきた中小の企業では、こんな感じではなかった。

だからこそ、潰れたり苦しんだりするのかもしれない。

効率的とはいえ、ここまで人間扱いしない現場を見ると、安さの追求というのは、逆に自分達の首を絞めかねないと心底怖く感じた。

本当なら、その通販サイトの名を書きたいが、やめておく。

自社の人間に対してさえ、あんな扱いをする会社だ。

恐ろしくて名前などかけない。

大企業の恐ろしさというものを痛感した。

222.jpg

これは気の毒。

ネットの無い時代ならともかく、ANAの対応はよくないね。

ペットがいるなら、飛行機使うなって事だね。

同じ思いするワンコが減るきっかけになるかな。
韓国についてのまとめサイトを以前から見るようになった。

まぁ、そこで見る韓国人の反応は当然のように反日で、当然予測内だし、それらの反応が翻訳されて日本人に認知されることはいい事だと思う。

必要以上に近づかず、関わらずにいることが日本の国益だと思うので。

しかしだ、これは流石に無いだろと思うことがひとつ。

韓国男性が日本に来て、帰国後に韓国の掲示板に旅行記を載せるのを多く見かける。

それ自体はいいと思う。「あれはよかった、これは悪かった」は、どこの国の人も書くことだ。

驚くのは、日本でナンパした女性とベッドを共にし、その女性を顔や裸をあらわにした写真まで記載している。

1-2件じゃないからね。

当人同士では「思い出に・・」とでも言ったのだろうが、帰国したら「寿司女(日本女性の蔑称)に太極旗(韓国男性の性器)を突き立て征服した!」と掲示板で自慢している。

証拠のように女性の顔や裸の写真を記載し、まだ誰かわからないようにしているならまだしも、完全に顔まるわかりの写真を出している。

しかも、食事代もホテル代も寿司女に出させ、「寿司女は馬鹿だから、イチコロだ」と皆ではやし立てている。

韓流が去って久しいが、これらの女性たちは自分の裸が顔つきでネットにさらされ笑われていることを承知しているのだろうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。