ニュース

ここでは、「ニュース」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当に久し振りにブログを書く。

精神的にきつく、ブログを書くだけの心の体力が無い。

会社員というものになって、周りを見るにつけ、

持てる者と持たざる者の差というものを感じる日々である。

どの会社でも差こそあれ、持たざる者は持てる者を更なる高みに上げるための牧草として、

ただ刈られるのを待つ・・。


100人のうめき声が1人の笑顔を支えている。


資本主義のあるべき姿かもしれないが・・・。




さて、硫化水素自殺についてである。

このところ、連日のように硫化水素を発生させ自殺する者が続出している。

巻き添えで体調を崩す者や、死者も出ている。


テレビでは、「周りに迷惑をかけるな」「死んでもいいことは無い」「楽には死ねない」と連呼している。


まさにその通りの正論だが・・。


私は自殺する彼らを否定しない。

迷惑をかけることを肯定しないが、自殺することを否定しない。


山に行って死ねというものもいるだろうが、死ぬことへの恐怖、失敗への恐怖などを考えれば、

浴室でガスを発生させて死ぬことを否定しない。否定できない。


私が隣人の自殺の巻き添えをこうむる可能性もあるが、

私も自殺を決意したときに、硫化水素を選ぶかもしれない。


私はあと1年ほどで40になる。

日々頑張っているが、俯瞰的に見れば、自分の人生の先は見えた。

おそらく、おそらくだが、私は幸せにはなれない。

少なくとも子供や妻を持ち、ホームドラマのような幸せを味わうことは無いと思う。


今の状況を抜け出し、少しでもいい方向へ向かおうとしているが、

人生を変えるほど、いい方向へは行けないままに人生を終えるだろうと思う。

死を考えることもある。

望むものに届かないなら、苦しい日々を重ねるしかないのなら、

「もういいか・・」と思うこともある。


私が生きている理由は、死ぬのが怖いからかもしれないと思う。

恐怖を絶望が上回ったら、死ぬのもいいだろうと思う。


世間では死ぬな死ぬなと言うが、自殺するものは何故そこまで責められるのだろう。

望みの無い人生を抱え、精肉工場に引かれるのを待つ牛のように生きろというのだろうか・・。


迷惑をかけるなというのなら、肉体を献体として臓器でも骨でも差し出すから、

安楽死を与えてもらいたい。

生きる理由が無い者には、それ位の慈悲は与えてもらいたいと思う。

これは違うだろうか。
スポンサーサイト
陸上自衛隊西部方面隊のある部隊が渡米し、
米国海兵隊の訓練を受けている。

わが国にでは「諸外国の配慮」とかいうものの為に、
海上からの上陸訓練というものはされていない。

上陸艇も無いし、上陸用のボートすらない。

陸自のベテランでさえ、20キロの背嚢と5キロの小銃を持つとおぼれかける・・。

米国海兵隊では、基本的な訓練にも関わらず・・。

あるコメンテーターが、「これは憲法の拡大解釈だ」と言い、
憲法違反ではないのか的な事を言っていたが、
なぜそういう考えになるのか理解できない。

当然自衛隊は自衛戦争しか出来ないから、国土防衛が任務であるが、
国土を侵略・占領をされた場合、奪還することを念頭に置くのは当然だろう。

この訓練を続ければ、「東アジア3馬鹿国家」が、やいのやいの言い出すだろうが、
一切気にせず続けて欲しい。

なにせ、向こうはやる気満々で牙を研いでいるのだからね。

某売国政治家は、「相手の善意を信じれば、どんな兵器も脅威ではない」と言っていたが、
言い返す気力さえわかなくなってしまう・・・。

このブログで目の敵にしている左翼政治家・福島瑞穂は、
また自衛隊は違憲だと言い始めたし・・。

まぁ、北による拉致はないと言い続けた社会党の末裔だから、
致し方ないが・・。

誰がなんと言おうと、歴史を振り返れば、
外交というものは基本的に軍事力という背景を必要とする。

日本は世界三位の軍事力を持ちながらも、三馬鹿になめられ続けているのは、
優れた武器を持ちながら、引き金を引く指と度胸を持っていないからだ。

例えは悪いが、やくざの恐ろしさというのは、その暴力性ではない。
やくざより強い人間はいくらでもいる。
であるのに彼らを恐れるというのは、彼らは勝てないでも決して負けを認めず、
彼らなりの信念に従い100回でも勝負を挑むところにある。

故に、一般の人間は関わりを避け、手出しをしない。

やくざという文字を、米国に置き換えれば、
そのまま今の世界に通じる。

「あいつらに手を出したら、こちらも無傷では済まない。」

もし、そう思わせていたら拉致による被害は無かっただろう。
帰宅して、テレビをつけると皇室問題で大騒ぎだった。

秋篠宮の殿下に第三子が出来そうだということである。

国民として、実に喜ばしい。


このブログでは、たまに政治なども取り上げる。

テロについても書いたと思うし、戦争や靖国についても書き、
賛同と非難を受けた。

私が覚えている限りは、小泉さんを批判したことはほとんど無い。

しかし、天皇家を第一子が相続すべきか、男子が相続すべきかという点においては、
小泉さんは間違っているとしか思えない。

なにも「女が天皇なんて」と思っているわけではない。

女性天皇でも結構だが、女系となると話は別である。

難しいことは別として、仮にわしキャプテンが結婚して子供が出来たとして、
子供時点でキャプテン度50パーセント。
孫でキャプテン度25パーセント。
ひ孫で、キャプテン度約12パーセント。

間違ってないよね?

キャプテン☆山手家ならいいが、天皇家となると問題である。

大問題だ。

100年も経たないうちに、貴種としての天皇家は消滅に近いものになる。

天皇家のXY遺伝子がなくなってしまう・・。

小泉さん・・何とかこの件だけはあきらめてくれないだろうか・・。

元宮家の復活なり、側室を作るなり、なんとかならないものか・・。

大体、小泉さんは皇室に対して慣例を破ることが多すぎる。

燕尾服が慣例なのに、紋付袴で出席するわ、
古来からの礼式に則った儀式中に「暗いから電気つけろ」とか・・。

そういう点だけは、なにがなんでも賛同できない。

有識者のジェンダーフリーだか、なんだか知らないが、
たかだか戦後60年の価値観で、紀元前から連綿と続く歴史を変えてもいいのか。

天皇家・宮家の意見も聞かず、仕組みを変えて、
100年後に「じゃ、天皇なんていらないね」ってなったら、どうするのだろうか・・。

喜ぶのはプロ市民と、朝鮮日報こと朝日新聞ぐらいじゃないだろうか。

もしこの件で小泉さんが押し切るというのなら、
わしは自民党見限るよ・・。

それこそ確信犯的戦犯だ・・。
先ほどニュースで、ホリエモン逮捕が報道されていた。

今日は多くのサイト・ブログが、彼の功罪について書き立てることだろう。

まぁ、それはいいだろう。

急激に成り上がり、かといって三木谷氏ほど根回しも上手くなく、
ある意味シンボルとして、現在日本への警鐘のような逮捕劇である。

彼は、私にとってどちらかといって嫌いなタイプだが、応援はしていた。

これからも応援するだろう。
なぜなら、生意気で鼻持ちならない男だが、
言っていることも間違っているとはいえないし、理解できる。

騒動後、テレビなどで「モラルがない」などと言っているが、
以前は時間外取引など、大手でもやっていたし、
彼のような方法をとる会社も少なくなかった。

彼は目に付きやすかっただけだろう・・。

モラルモラルと言うが、商売に関する以上、
モラル違反というなら最初から規制しておくべきだろう。

彼が間違っているとは思えない・・。

それにしても、騒動後「私が以前から言っていたように・・」と、
鬼の首でもとったように言っている評論家のほうが、
信用なら内容に感じるな。

なんにしても、まだ逮捕という段階である。
まだ容疑者というだけだ。
彼には再起してほしいものだ。

もうおしまいだという人もいるが、
あのリクルート事件被告の江副氏はヨーロッパでスキー三昧である。
福田元官房長官が靖国問題に対して、苦言を呈した。

以前からこの方は無宗教の施設を作るべきだと言っている。

国民の支持を得たのなら、それもいいだろうと思う。

だが、その主たる原因は中国・韓国・北朝鮮に対しての配慮だろう。


思うのだが、彼らが遺族や靖国を支持する国民を説得し、
仮に納得させて、新施設をつくることが出来たとしよう。

その時は、かの3国と手に手をとる時代が来るとでも言うのだろうか。

否。それは望めないだろう。

中国・北朝鮮は、民主化選挙も行われない一党独裁国家。
韓国は反日をアイデンティティーとする国家である。

彼らの希望通りにすれば、今度はここが気に食わないとでも言い出すだろう。

米国大統領がウェリントン墓地に墓参りするのに、
彼らが文句を言っているのを聞いたことがない。

彼らは日本を、日本の国民をなめきっているだけだ。

原因をひとつ取り除いたところで、ほかに因縁のつけようなどいくらでもある。

やくざのようなものだ。

自らが正しいというならば、恐れる必要などないと思う。


福田氏は有能な政治家と思うが、彼の意見には断固反対する。

イギリスの諺にもあるが、
「ねずみにミルクを与えれば、次にチーズを要求してくる」だけだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。